1

歯科でボツリヌス治療が急増 マスク生活の顎への悪影響

歯科でボツリヌス治療が急増 マスク生活の顎への悪影響

2020.07.30

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

各地で最多罹患者数を更新している新型コロナウイルス。街を歩いていても、誰もが予防・拡散防止のためにマスクを着用しており、マスクをしていない人を攻撃するような「マスク警察」も話題になっている。そんな中、多くの歯科クリニックで、筋肉の緊張をやわらげるためのボツリヌス治療の患者が急増しているのだという。マスク生活による顎への悪影響について、医療法人社団登龍会理事長 服部敏先生にお話しいただいた。

マスクで顎位がズレ、咬合異常に

日本人は「マスクはいいもの」という意識が強いですが、マスクによる悪影響というのは確実に存在します。歯科医師としてとても問題だと感じるのは、顎位がズレてしまうことです。
マスクをすることで顎を後ろに押す力がかかります。強い力ではありませんが、継続してかけられ続ける。これに対して顎は、前に押し返そうとする力を継続してかけてしまいます。すると、筋肉が蓄積疲労により過剰に緊張してしまい、食いしばりが出たり噛み合わせが悪くなってしまいます。私の体感になりますが、顎のボツリヌス治療の患者は、通常より2~3割ほど増えていると感じています。
歯というのは本来、上下の間が2-3mm開いているものです。上下の歯が接触するということは、歯や歯の周りの組織にとても良くありません。食いしばりは歯肉の毛細血管が全て止まってしまうので、循環障害を起こしてしまいます。特に下顎は血管も血流量も、上顎に比べて少ない為に、ダメージを受けやすくなります。

健常者がマスクをすることはリスクがある

自費研Onlineはメンバーズ登録無料

この記事は自費研メンバーズ限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

自費研の最新情報をSNSでお知らせ

自費研カタログ関連商品

自費研カタログ関連商品はありません

この商品の関連記事

関連記事はありません

自費研の最新情報をSNSでお知らせ
自費研アプリで読む

セミナー・イベント

一覧

カタログ

一覧

求人

一覧

自費研VIDEO

一覧

無料資料ダウンロード
コンサルティング
自費研オンライン顧問s

自費研メンバーズ(無料)登録

メールアドレスで登録

メールが届かない場合について

Facebookで新規登録 Facebookで新規登録

Facebook登録、ログインができない方はこちらをご覧ください

メンバーズ特典
記事の無料購読とクリップ
セミナーが無料又は優待価格
自費診療カタログの一括資料請求

パスワードをお忘れの方

メールアドレス

ご登録したメールアドレスを入力ください。パスワードを再設定するためのURLをお送りいたします。

パスワードをお忘れの方

パスワードを再設定するためのURLをお送りしました。24時間以内にパスワードの再設定を行って下さい。

Clipを上書きしてもよろしいですか?

すでにPickしたことがあるニュースです。
再度Pickするとコメントが上書きされます。

Clipを削除してもよろしいですか?

Clipを削除すると元に戻すことは出来ません。