• ホーム
  • 歯科治療
  • AIの活用とメンタルケアの必要性―これからの歯科医師に求められるもの―
AIの活用とメンタルケアの必要性―これからの歯科医師に求められるもの―

AIの活用とメンタルケアの必要性―これからの歯科医師に求められるもの―

2020.12.28

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年は新型コロナウイルス感染症により、人々の歯科治療に関する認識が大きく変わりました。今後の歯科医師・歯科医療に求められるものを医療法人社団登龍会理事長 服部敏先生にお話しいただだきました。

歯科はもともと感染症対策が万全

歯科は新型コロナウイルス感染拡大前から、歯周病等の感染症対策を徹底してきました。感染対策をしっかりしているクリニックであれば、怯えることなく適切な対応ができたのではないでしょうか。当院はもともと滅菌にはかなり気を使っていましたので、特別に新しい機材を導入する、というようなことはありませんでした。
クリニックによっては滅菌システムを見直すきっかけにもなったのではないでしょうか。患者さま側からも滅菌や消毒に注目が集まったことはよい機会だったと思います。

患者の体調により、治療が進めづらい状況になるのではないか

半年以上にわたる自粛生活や外出制限により、体調不良を訴える患者さまは今後ますます増えていくでしょう。長いマスク生活による呼吸の問題、頭位のずれ、運動不足など、医科も歯科も受診率は上がるのではないでしょうか。これまで定期的に通院してくださる患者さまは問題ないのですが、その習慣がない方は症状が悪化してから来院されるケースが想定されます。歯の保存が難しくなってしまうと、最悪の場合は抜歯なども検討しなければならなくなるでしょう。
従ってインプラントなどの外科治療が必要となりますが、患者さまのコンディションが十分でない場合、治療の成功率が下がってしまいます。体調が戻るまでしばらく様子をみる、といった対応も十分考えられますね。

歯科医院でメンタルケアも補えるような対応を

自費研Onlineはメンバーズ登録無料

この記事は自費研メンバーズ限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

自費研の最新情報をSNSでお知らせ

自費研カタログ関連商品

自費研カタログ関連商品はありません

Pure
自費研の最新情報をSNSでお知らせ
自費研アプリで読む

セミナー・イベント

一覧

カタログ

一覧

求人

一覧

自費研VIDEO

一覧

無料資料ダウンロード
自費研オンライン顧問s
IVC for Cancer Program公式 心とからだにやさしいがん治療・予防プログラム
特別な医師と新しい治療法が見つかる医療情報サイト

自費研メンバーズ(無料)登録

メールアドレスで登録
※パスワードは8文字以上20文字以内で入力してください。
使用できる文字は半角英数字と記号 ! $ % & * + - / = _ ` { | } . # @です。

メールが届かない場合について

Facebookで新規登録 Facebookで新規登録

Facebook登録、ログインができない方はこちらをご覧ください

メンバーズ特典
記事の無料購読とクリップ
セミナーが無料又は優待価格
自費診療カタログの一括資料請求

パスワードをお忘れの方

メールアドレス

ご登録したメールアドレスを入力ください。パスワードを再設定するためのURLをお送りいたします。

パスワードをお忘れの方

パスワードを再設定するためのURLをお送りしました。24時間以内にパスワードの再設定を行って下さい。

Clipを上書きしてもよろしいですか?

すでにPickしたことがあるニュースです。
再度Pickするとコメントが上書きされます。

Clipを削除してもよろしいですか?

Clipを削除すると元に戻すことは出来ません。