がん免疫療法 日本臨床腫瘍学会が注意呼びかけ

がん免疫療法 日本臨床腫瘍学会が注意呼びかけ

2019.06.12

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

5月30日、日本臨床腫瘍学会が「がん免疫療法に関する注意喚起について」という文書を一般向けに公開した。
がんの免疫療法は、オプジーボが一部保険適用になるなど注目を集めている分野である。
免疫療法の中には、患者の免疫細胞を利用した免疫細胞療法や、ワクチン、免疫チェックポイント阻害薬(オプジーボ)など、様々な療法が該当する。

学会によると、最近、効果や安全性が証明されず、保険でも承認されていない免疫細胞療法やがんワクチン療法が、一部のクリニックなどで高額な値段で患者に投与されている事例を多く見かけると述べており、これらの治療に関しては、実地医療として行われるべきではないとの見解を示した。
未承認の免疫療法を受けることで、高額な費用の請求をされたり、標準治療や先進的な治療を受けたりする機会も奪われてしまうことになる為、治療を受ける際にはくれぐれも注意するように警鐘を鳴らしている。

免疫チェックポイント阻害薬に関しては、現在6製剤が承認されているが、効果が期待できるがんの種類は限られている。また、その副作用はかねてから話題に上っており、時には下垂体機能障害を引き起こすなど重篤なものも確認されている。
学会によると、阻害薬を使用する場合には、抗がん剤専門医による監修のもと、使用することが必須であるという。

自費研Onlineはメンバーズ登録無料

この記事は自費研メンバーズ限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

自費研の最新情報をSNSでお知らせ

自費研カタログ関連商品

自費研カタログ関連商品はありません

自費研の最新情報をSNSでお知らせ
自費研アプリで読む

セミナー・イベント

一覧

カタログ

一覧

求人

一覧

無料資料ダウンロード
コンサルティング
自費研オンライン顧問s

自費研メンバーズ(無料)登録

メールアドレスで登録

メールが届かない場合について

Facebookで新規登録 Facebookで新規登録

Facebook登録、ログインができない方はこちらをご覧ください

メンバーズ特典
記事の無料購読とクリップ
セミナーが無料又は優待価格
自費診療カタログの一括資料請求

パスワードをお忘れの方

メールアドレス

ご登録したメールアドレスを入力ください。パスワードを再設定するためのURLをお送りいたします。

パスワードをお忘れの方

パスワードを再設定するためのURLをお送りしました。24時間以内にパスワードの再設定を行って下さい。

Clipを上書きしてもよろしいですか?

すでにPickしたことがあるニュースです。
再度Pickするとコメントが上書きされます。

Clipを削除してもよろしいですか?

Clipを削除すると元に戻すことは出来ません。