オプジーボにさらなる副作用 脳機能障害で1人死亡

オプジーボにさらなる副作用 脳機能障害で1人死亡

2019.05.10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

がん治療薬『オプジーボ』。その副作用により、患者11人が脳機能障害を発症、うち1人が死亡したとして、9日、厚生労働省は製造元の小野薬品工業に、重大な副作用があると明記するように指導した。

今回確認された副作用は、成長ホルモンや性ホルモンの分泌に関わる脳の下垂体で機能障害が発生するというものである。
小野薬品工業は、薬品の添付文書内、『重要な基本的注意』の項目に、「下垂体機能障害」という文言を追記し、投与中は定期的に下垂体の機能を検査するように求めたという。

オプジーボには当初より様々な副作用が確認されており、最近では、オプジーボから他の治療に切り替えた際に、皮膚などに重い発疹が出る確率が高まる恐れがあるということも分かっている。“夢の薬”と言われるオプジーボ、使用には十分注意が必要だ。

自費研カタログ関連商品

自費研カタログ関連商品はありません

セミナー・イベント

一覧

カタログ

一覧

求人

一覧

無料資料ダウンロード
コンサルティング
自費研M&A
自費研オンライン顧問s

自費研メンバーで(無料)登録

メンバーズ特典
記事の無料購読とクリップ
セミナーが無料又は優待価格
自費診療カタログの一括資料請求

Facebookで新規登録 Facebookで新規登録

Facebook登録、ログインができない方はこちらをご覧ください

メールアドレスで登録

メールが届かない場合について

パスワードをお忘れの方

メールアドレス

ご登録したメールアドレスを入力ください。パスワードを再設定するためのURLをお送りいたします。

パスワードをお忘れの方

パスワードを再設定するためのURLをお送りしました。24時間以内にパスワードの再設定を行って下さい。

Clipを上書きしてもよろしいですか?

すでにPickしたことがあるニュースです。
再度Pickするとコメントが上書きされます。

Clipを削除してもよろしいですか?

Clipを削除すると元に戻すことは出来ません。