• ホーム
  • ニュース
  • オプジーボに新たな副作用 生活に支障をきたすレベルの重い発疹
オプジーボに新たな副作用 生活に支障をきたすレベルの重い発疹

オプジーボに新たな副作用 生活に支障をきたすレベルの重い発疹

2019.03.12

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夢の薬とも言われた「オプジーボ」。その薬にまたもや重大な副作用を引き起こす可能性があることが分かった。

がんが免疫の攻撃を受けないようにする因子が、PD-1と呼ばれる遺伝子にあることをつきとめ、この働きを阻害する仕組みをがん治療に応用した功績が認められ、京都大高等研究院の本庶佑特別教授がノーベル生理学・医学賞を受賞したのは記憶に新しい。

その研究を基に開発されたのが、がん治療薬「オプジーボ」である。従来の抗がん剤は、がん細胞を攻撃することを目的としていたが、オプジーボはがん細胞を攻撃する「免疫」を助ける。免疫のブレーキを外す、というメカニズムががん治療にさらなる革命をもたらすのではないか、として大きく脚光を浴びている。

そんなオプジーボであるが、実は当初からその副作用に注目が集まっていた。
吐き気や、疲労感、下痢などの症状から、重大なところでは、甲状腺の機能低下や心筋炎までと、実に多くの副作用が確認されている。中には1型糖尿病を発症したという例もある。
これを受けて開発元の小野薬品工業は、医療機関に対し、国に承認された使用法を守るよう強く訴えている。

今回新たに確認された副作用は、オプジーボ使用者が、効果が出なかったために、他の治療へ切り替えたりした際に、皮膚などに重い発疹が出る確率が高まる恐れがあるというものである。

自費研カタログ関連商品

自費研カタログ関連商品はありません

セミナー・イベント

一覧

カタログ

一覧

求人

一覧

無料資料ダウンロード
コンサルティング
自費研M&A
自費研オンライン顧問s

自費研メンバーで(無料)登録

メンバーズ特典
記事の無料購読とクリップ
セミナーが無料又は優待価格
自費診療カタログの一括資料請求

Facebookで新規登録 Facebookで新規登録

※一時的にFacebookでの登録ができなくなっております。お手数をおかけし恐縮でございますが、メールアドレスとパスワードでの登録をお願いいたします。

メールアドレスで登録

メールが届かない場合について

パスワードをお忘れの方

メールアドレス

ご登録したメールアドレスを入力ください。パスワードを再設定するためのURLをお送りいたします。

パスワードをお忘れの方

パスワードを再設定するためのURLをお送りしました。24時間以内にパスワードの再設定を行って下さい。

Clipを上書きしてもよろしいですか?

すでにPickしたことがあるニュースです。
再度Pickするとコメントが上書きされます。

Clipを削除してもよろしいですか?

Clipを削除すると元に戻すことは出来ません。