• ホーム
  • ニュース
  • 世界初!修理代がかえってくる「入れ歯補償」サービスが開始!
世界初!修理代がかえってくる「入れ歯補償」サービスが開始!

世界初!修理代がかえってくる「入れ歯補償」サービスが開始!

2019.02.04

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

歯科医療の現場では、自由診療で患者へ入れ歯を提供した場合、その入れ歯が壊れた際にかかる修理代や再制作代を請求できない、ということはよくあるだろう。
背景として、保険診療と比べて高額な自由診療では、患者側が修理代の請求に対して拒絶感を示してしまうケースや、歯科医側が遠慮してしまうケースなどがよくあるからだ。

総入れ歯で考えると、保険診療で入れ歯を作成した場合、高くても総額4万円ほどで済むのに対し、自費の場合は、上顎30万円、下顎50万円ほどかかってしまうこともある。
そういうこともあり歯科医側も修理代の請求がしづらく、ある調べでは、約7割の歯科医が修理代を請求できていないと答えている。

そんな医師の悩みを解決するべく、世界初となる「入れ歯補償」サービスが誕生した。
株式会社バイテック・グローバル・ジャパンは、株式会社日本総険と共同で、自由診療の入れ歯が壊れた時の修理代を一部補填、紛失した時には低価格で作り直しができる補償サービス「入れ歯補償」を開発。2019年2月1日(金)よりサービスを開始すると発表した。

このサービス、開始時はバイテックの入れ歯「コンフォートシリーズ」にのみ適用するとして展開されるが、ゆくゆくはすべての入れ歯に対応させると発表されている。歯科医院側のメリットとしては、修理時に診療代相当の補償金が補填されることになる。
今まで全く修理代を請求できていなかった歯科医院にとっては、今回の補償サービスは大きな助けになるのではないだろうか。

【株式会社バイテック・グローバル・ジャパン】 http://www.bitecglobal.jp/

自費研カタログ関連商品

自費研カタログ関連商品はありません

セミナー・イベント

一覧

カタログ

一覧

求人

一覧

無料資料ダウンロード
コンサルティング
自費研M&A
自費研オンライン顧問s

自費研メンバーで(無料)登録

メンバーズ特典
記事の無料購読とクリップ
セミナーが無料又は優待価格
自費診療カタログの一括資料請求

Facebookで新規登録 Facebookで新規登録

Facebook登録、ログインができない方はこちらをご覧ください

メールアドレスで登録

メールが届かない場合について

パスワードをお忘れの方

メールアドレス

ご登録したメールアドレスを入力ください。パスワードを再設定するためのURLをお送りいたします。

パスワードをお忘れの方

パスワードを再設定するためのURLをお送りしました。24時間以内にパスワードの再設定を行って下さい。

Clipを上書きしてもよろしいですか?

すでにPickしたことがあるニュースです。
再度Pickするとコメントが上書きされます。

Clipを削除してもよろしいですか?

Clipを削除すると元に戻すことは出来ません。