• ホーム
  • 経営
  • 山川雅之先生 THE CLINICグループ 会長|「再生医療の社会実装」に向けて付加価値を創造する
山川雅之先生 THE CLINICグループ 会長|「再生医療の社会実装」に向けて付加価値を創造する

山川雅之先生 THE CLINICグループ 会長|「再生医療の社会実装」に向けて付加価値を創造する

2021.08.30

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

10月の自費研フェスにもご登壇予定のTHE CLINICグループ会長・山川雅之先生。若くして開業したクリニックの成功の秘密、脂肪活用で開かれる再生医療への展望、また自身の技術を積極的に公開・提供する取り組みについて聞きました。

29歳で自身のクリニックを開業 意外性のある広告が成功の秘密

一般診療科から転医して、美容外科医になって30年になります。最初は福岡で、当時最大手の美容外科の雇われ院長をやっていました。まだ3年程度の経験で院長になれたのは、そのころ急成長中だった業界2番手のクリニックチェーンが続々と私たちのクリニックの医師を引き抜いていたため。その後、私自身にも引き抜きの話が来て、お相手の院長とお話しさせていただいたところ、最終的に「君は自分でやるタイプだね」と言われたんです。そこで初めて「自分でクリニックを開業する」という選択があることに気づいて。それが1993年5月のことだったのですが、10月には「聖心美容クリニック」を開業していました。

開業にあたっては実家を担保にして資金を捻出したので、運転資金も3ヶ月分くらいしかなかったと思います。そんな背水の陣でのスタートだったのですが、限られた資金の中で一番最初につぎ込んだのが、当時としてはめずらしく、クリニックのロゴマーク。いわゆるCI(コーポレートアイデンティティ)です。また広告の打ち方もこだわりました。当時の美容クリニックの広告には、「痛くない、腫れない、その日にデートができる」といった文言が踊っていました。でも、実際に鼻などを手術すれば腫れますし、とてもその日にデートは無理。私は雇われ院長のころから、ダウンタイムなどについてもあらかじめしっかり患者様にお話しした方が、信頼も築けてその後につながると考えていたので、その考えを自分のクリニックで試そうと思ったんです。そこで最初に出した雑誌広告に入れたコピーが「痛いし、腫れるし、その日はデートしないでください」(笑)。結果的に読者が「この先生こそが本当のこと言っているな」と気づいてくれて、逆を突いたアピールが思惑通りに功を奏したんです。おかげで開業して1年後には、当時福岡に30ほどあったクリニックの中でトップシェアにまでなりました。

きっかけはあの映画? 幅広い脂肪活用の可能性

自費研Onlineはメンバーズ登録無料

この記事は自費研メンバーズ限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

自費研の最新情報をSNSでお知らせ

自費研カタログ関連商品

自費研カタログ関連商品はありません

Pure
自費研の最新情報をSNSでお知らせ
自費研アプリで読む

セミナー・イベント

一覧

カタログ

一覧

求人

一覧

自費研VIDEO

一覧

無料資料ダウンロード
自費研オンライン顧問s
IVC for Cancer Program公式 心とからだにやさしいがん治療・予防プログラム
特別な医師と新しい治療法が見つかる医療情報サイト

自費研メンバーズ(無料)登録

メールアドレスで登録
※パスワードは8文字以上20文字以内で入力してください。
使用できる文字は半角英数字と記号 ! $ % & * + - / = _ ` { | } . # @です。

メールが届かない場合について

Facebookで新規登録 Facebookで新規登録

Facebook登録、ログインができない方はこちらをご覧ください

メンバーズ特典
記事の無料購読とクリップ
セミナーが無料又は優待価格
自費診療カタログの一括資料請求

パスワードをお忘れの方

メールアドレス

ご登録したメールアドレスを入力ください。パスワードを再設定するためのURLをお送りいたします。

パスワードをお忘れの方

パスワードを再設定するためのURLをお送りしました。24時間以内にパスワードの再設定を行って下さい。

Clipを上書きしてもよろしいですか?

すでにPickしたことがあるニュースです。
再度Pickするとコメントが上書きされます。

Clipを削除してもよろしいですか?

Clipを削除すると元に戻すことは出来ません。