どのような医師が採用されやすいか?

どのような医師が採用されやすいか?

2021.05.18

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

美容医療クリニックの医師募集は、コロナ禍においても増加傾向にあります。未経験からのチャレンジが可能、高収入と生活の質の確保、リスク回避などの理由もあり、美容医療領域へキャリアチェンジする20~30代の医師が増加しているようです。
では実際に、美容医療に求められている医師とはどんなタイプなのでしょうか?「転職に成功する医師」の人物像を見ていきましょう。

佐藤 雄磨
エスエス・キャリア 

キャリアアドバイザーとして全国の転職希望医師を担当。
各大手クリニック定期的なミーティングと、担当医師との情報交換により、業界の動向やクリニックとのコネクションにより大手85% 中小70%の内定獲得率を実現。保有している業界情報は、社内No1。

クリニック担当者が「採用したくなるドクター」とは?

美容医療へキャリアチェンジする医師が増えると、当然競争率も高くなります。一般的な転職活動は、応募→面接→内定→入職という流れで進み、面接は1回というのがほとんどですが、競争率の高い人気クリニックになると、入職後のミスマッチを防ぐために、見学+面接と2回工程の選考フローとなります。当然、その分医師の採用基準もシビアになります。

未経験の医師の場合、これまでの実績はさほど重要視されず、美容医療に対しての意欲やお人柄・コミュニケーション能力などが重要視されます。まずは、内定に残るために面接のノウハウや注意点など、外せないポイントを知っておきましょう。以下、採用担当者が必ずする質問やチェックされている部分をまとめてみました。

check1.【面接で必ず質問される外せない項目】

自費研Onlineはメンバーズ登録無料

この記事は自費研メンバーズ限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

自費研の最新情報をSNSでお知らせ

自費研カタログ関連商品

自費研カタログ関連商品はありません

Pure
自費研の最新情報をSNSでお知らせ
自費研アプリで読む

セミナー・イベント

一覧

カタログ

一覧

求人

一覧

自費研VIDEO

一覧

無料資料ダウンロード
コンサルティング
自費研オンライン顧問s
IVC for Cancer Program公式 心とからだにやさしいがん治療・予防プログラム
特別な医師と新しい治療法が見つかる医療情報サイト

自費研メンバーズ(無料)登録

メールアドレスで登録

メールが届かない場合について

Facebookで新規登録 Facebookで新規登録

Facebook登録、ログインができない方はこちらをご覧ください

メンバーズ特典
記事の無料購読とクリップ
セミナーが無料又は優待価格
自費診療カタログの一括資料請求

パスワードをお忘れの方

メールアドレス

ご登録したメールアドレスを入力ください。パスワードを再設定するためのURLをお送りいたします。

パスワードをお忘れの方

パスワードを再設定するためのURLをお送りしました。24時間以内にパスワードの再設定を行って下さい。

Clipを上書きしてもよろしいですか?

すでにPickしたことがあるニュースです。
再度Pickするとコメントが上書きされます。

Clipを削除してもよろしいですか?

Clipを削除すると元に戻すことは出来ません。