• ホーム
  • 経営
  • 3年目から最短で院長になる 3つのポイント!
3年目から最短で院長になる 3つのポイント!

3年目から最短で院長になる 3つのポイント!

2021.05.19

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

美容医療業界にキャリアチェンジする医師には、初めから院長を目指し入職する方が多くいらっしゃいます。美容医療は、院長に見合った実力があれば年功序列ではなく大きな夢を達成できる可能性が高い業界です。実際に、入職してわずか10ヶ月で院長に就任した事例もあるくらいです。
そこで、「最短で院長になるために何が必要か」を調べてみようと思います。 

佐藤 雄磨
エスエス・キャリア 

キャリアアドバイザーとして全国の転職希望医師を担当。
各大手クリニック定期的なミーティングと、担当医師との情報交換により、業界の動向やクリニックとのコネクションにより大手85% 中小70%の内定獲得率を実現。保有している業界情報は、社内No1。

Point_1 ひたすら知識と経験を積む

【知識と技術スキルの習得】
美容医療Dr.として知識と技術スキルは、外せない基本の一つです。特に美容外科医・美容皮膚科医の場合は習得すべき知識や技術が多く、例え形成外科や皮膚科から転科された医師でも、一人前になるためには一からの研鑽を積む必要があります。

大手美容クリニックの場合、研修制度に力を入れていて専任の医師育成チームによって最新の知識や技術、手技などを指導していきます。また、医師同士の情報共有や経験豊富な医師からのアドバイスをいつでももらえるサポート体制も整っていて、若手医師にとっては、着実にスキルアップができる環境にあります。また、複数のクリニックを周りながら、様々な現場スタッフの働き方やお客様との接し方などを肌で感じることで、必要なノウハウを得ることも多いはずです。

そして、中小美容クリニックの場合は、深い見識と独自の治療を確立している院長から直接指導を受けることが可能なので、より貴重な研鑽が積めることと思います。

【経験から学ぶこと】
始めから院長を目指して入職される医師は、情熱とやる気を持ってどんどんスキルアップしていく方がほとんどです。

自費研Onlineはメンバーズ登録無料

この記事は自費研メンバーズ限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

自費研の最新情報をSNSでお知らせ

自費研カタログ関連商品

自費研カタログ関連商品はありません

Pure
自費研の最新情報をSNSでお知らせ
自費研アプリで読む

セミナー・イベント

一覧

カタログ

一覧

求人

一覧

自費研VIDEO

一覧

無料資料ダウンロード
コンサルティング
自費研オンライン顧問s
IVC for Cancer Program公式 心とからだにやさしいがん治療・予防プログラム
特別な医師と新しい治療法が見つかる医療情報サイト

自費研メンバーズ(無料)登録

メールアドレスで登録

メールが届かない場合について

Facebookで新規登録 Facebookで新規登録

Facebook登録、ログインができない方はこちらをご覧ください

メンバーズ特典
記事の無料購読とクリップ
セミナーが無料又は優待価格
自費診療カタログの一括資料請求

パスワードをお忘れの方

メールアドレス

ご登録したメールアドレスを入力ください。パスワードを再設定するためのURLをお送りいたします。

パスワードをお忘れの方

パスワードを再設定するためのURLをお送りしました。24時間以内にパスワードの再設定を行って下さい。

Clipを上書きしてもよろしいですか?

すでにPickしたことがあるニュースです。
再度Pickするとコメントが上書きされます。

Clipを削除してもよろしいですか?

Clipを削除すると元に戻すことは出来ません。