• ホーム
  • 経営
  • 勤務医が将来準備しておくべきお金のハナシ
勤務医が将来準備しておくべきお金のハナシ

勤務医が将来準備しておくべきお金のハナシ

2021.06.01

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高収入のイメージがある医師ですが、高収入でありながら、もしくは高収入だからこそ貯蓄が満足にできていないという悩みを持っている方も多いのではないでしょうか。しかし、勤務医ならば将来的に用意しなければならないお金があります。勤務医が今後必要になるお金の内訳、そしてその目安金額について紹介します。

島岡 奏
PLUSK株式会社

PLUSK株式会社 取締役
医師の資産形成に特化したFP。保険の見直しから、資産形成のための金融商品の購入サポート、償却資産の提案など幅広く対応ができる。女性ならではの視点で、実直なサポートが特徴。

高収入だからこそ貯蓄が難しい

一般的なサラリーマンと比較して高収入なのに貯蓄ができないという声が一定数あるのはなぜでしょう。その最たる理由として支払う税金の高さが挙げられます。日本の平均年収は400万強ですが、その場合おおよその所得から見ると所得税率は10%程度。対して美容クリニックの勤務医は年収2,000万前後がベースとなり、おおよその所得から見ると所得税率は33%です。更に所得の高い医師となると40%、45%と上がっていきます。
その他住民税や社会保険料も所得に比例して高額になるため、高収入であるほど税金の負担が累進的に莫大になります。また、環境や収入に合わせると生活水準は自然と上がり生活費は高額に、多忙なため効率的な運用の情報も入ってきづらく、対策を取れないまま支払いだけがかさみ続けるということが起こりがちです。

自費研Onlineはメンバーズ登録無料

この記事は自費研メンバーズ限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

自費研の最新情報をSNSでお知らせ

自費研カタログ関連商品

自費研カタログ関連商品はありません

Pure
自費研の最新情報をSNSでお知らせ
自費研アプリで読む

セミナー・イベント

一覧

カタログ

一覧

求人

一覧

自費研VIDEO

一覧

無料資料ダウンロード
コンサルティング
自費研オンライン顧問s
IVC for Cancer Program公式 心とからだにやさしいがん治療・予防プログラム
特別な医師と新しい治療法が見つかる医療情報サイト

自費研メンバーズ(無料)登録

メールアドレスで登録

メールが届かない場合について

Facebookで新規登録 Facebookで新規登録

Facebook登録、ログインができない方はこちらをご覧ください

メンバーズ特典
記事の無料購読とクリップ
セミナーが無料又は優待価格
自費診療カタログの一括資料請求

パスワードをお忘れの方

メールアドレス

ご登録したメールアドレスを入力ください。パスワードを再設定するためのURLをお送りいたします。

パスワードをお忘れの方

パスワードを再設定するためのURLをお送りしました。24時間以内にパスワードの再設定を行って下さい。

Clipを上書きしてもよろしいですか?

すでにPickしたことがあるニュースです。
再度Pickするとコメントが上書きされます。

Clipを削除してもよろしいですか?

Clipを削除すると元に戻すことは出来ません。