• ホーム
  • 経営
  • 内定辞退を減らすために見直すべきものとは【採用にはコツがあるVol.5】
内定辞退を減らすために見直すべきものとは【採用にはコツがあるVol.5】

内定辞退を減らすために見直すべきものとは【採用にはコツがあるVol.5】

2021.06.09

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

採用活動ではどんなに入職してほしいと期待しても、応募者にお断りされてしまうことがある。書類選考中や一次面接の前後であればまだしも、二次面接、院内見学などを経て、時間をかけた上での内定辞退は、クリニックにとっては手痛い損失である。内定辞退はどうして起こるのか?対策を講じることはできないのか?考えてみたい。

内定辞退が起こる理由を知る

まず、求職者がどういう時に入職を躊躇うかを考えてみる。①面接を受けてみて、クリニック・面接官の印象が良くなかった、②他社の内定と比較して悩んでいる、③イロイロと調べる中で口コミ・評判が悪いと知った、④今の職場を辞められなくなった(引き留めにあっている)などが挙げられる。

例えば、面接官の対応に不安を感じたり、面接を通して十分な情報をもらえなかった場合、内定が出ても、本当にこのクリニックで大丈夫か?本当に自分のことを分かってくれたのか?必要としてくれているのか?といった悩みが生まれ、他社に流れてしまうだろう。
また、SNSや口コミサイトで簡単に情報が得られる点も注意しておきたい。クリニック側としては不本意な内容や、事実と異なる内容が書いてあったとしても、応募者に対しそれを伝える術はない。そのため、内容の真偽は関係なく辞退に繋がってしまうという、非常に理不尽なことも起こり得る。

一番最初にとりかかることができて効果があるのは、自社の選考の見直しである。具体的にどう改善していくと良いかご案内しよう。

自費研Onlineはメンバーズ登録無料

この記事は自費研メンバーズ限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

自費研の最新情報をSNSでお知らせ

自費研カタログ関連商品

自費研カタログ関連商品はありません

Pure
自費研の最新情報をSNSでお知らせ
自費研アプリで読む

セミナー・イベント

一覧

カタログ

一覧

求人

一覧

自費研VIDEO

一覧

無料資料ダウンロード
コンサルティング
自費研オンライン顧問s
IVC for Cancer Program公式 心とからだにやさしいがん治療・予防プログラム
特別な医師と新しい治療法が見つかる医療情報サイト

自費研メンバーズ(無料)登録

メールアドレスで登録

メールが届かない場合について

Facebookで新規登録 Facebookで新規登録

Facebook登録、ログインができない方はこちらをご覧ください

メンバーズ特典
記事の無料購読とクリップ
セミナーが無料又は優待価格
自費診療カタログの一括資料請求

パスワードをお忘れの方

メールアドレス

ご登録したメールアドレスを入力ください。パスワードを再設定するためのURLをお送りいたします。

パスワードをお忘れの方

パスワードを再設定するためのURLをお送りしました。24時間以内にパスワードの再設定を行って下さい。

Clipを上書きしてもよろしいですか?

すでにPickしたことがあるニュースです。
再度Pickするとコメントが上書きされます。

Clipを削除してもよろしいですか?

Clipを削除すると元に戻すことは出来ません。