• ホーム
  • 経営
  • 『開業資金(2)』自費診療で成功する開業ノウハウ Vol.9
『開業資金(2)』自費診療で成功する開業ノウハウ Vol.9

『開業資金(2)』自費診療で成功する開業ノウハウ Vol.9

2020.08.11

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2025年問題、2030年問題など厚生労働省からも対策の指針がでるなど、今後の医療環境は5~10年で確実に変化が生じます。これから起こりうる医療の自由化を見据えた、自費診療を活用した持続・拡大可能なクリニック開業のためのノウハウシリーズ。前回の『開業資金(1)』では設備資金についてお伝えしました。今回は開業後から必要になる「運転資金」についてお伝えします。

具体的なご相談やより詳しい情報については開業セミナーを行っておりますのでそちらもご活用ください。
https://jihiken.jp/event/

自費診療開業の場合、「設備資金」「運転資金」ともに保険診療よりにも高額になるケースがあります。前回の「設備資金」では、美容医療機器によって資金が高額になるとお伝えしました。では、「運転資金」ではどのようなことに注意するべきなのでしょうか。

「運転資金」

「運転資金」とは、主に開業後より発生するランニングコストを賄うための予算です。医院経営では、主に医薬品費、人件費、諸経費、生活費、借入金の返済額までを想定して考えます。当然ながらこれらの支出を賄うためには原資が必要で、通常は医業での収入(つまり医院の売上)がその原資にあたります。簡単に言えば、収入が支出を上回れば黒字、下回れば赤字です。赤字の際には「運転資金」として融資された手元の資金から補填することになります。

特に開業直後の時期は、「想定していない支出の発生」、「事業計画と実際の来院患者数のズレ」、「追加の広告宣伝費」、の3つの要因により収支が赤字となりやすいので注意が必要です。

「開業直後の3つの突発的支出要因」

【要因1】想定していない支出の発生
開業直後には想定していない支出が発生しがちです。スタッフの早期離職による追加の採用コスト、医師会や勉強会への入会金など様々な支出が発生します。

自費研Onlineはメンバーズ登録無料

この記事は自費研メンバーズ限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

自費研の最新情報をSNSでお知らせ

自費研カタログ関連商品

自費研カタログ関連商品はありません

自費研の最新情報をSNSでお知らせ
自費研アプリで読む

セミナー・イベント

一覧

カタログ

一覧

求人

一覧

自費研VIDEO

一覧

無料資料ダウンロード
コンサルティング
自費研オンライン顧問s
IVC for Cancer Program公式 心とからだにやさしいがん治療・予防プログラム

自費研メンバーズ(無料)登録

メールアドレスで登録

メールが届かない場合について

Facebookで新規登録 Facebookで新規登録

Facebook登録、ログインができない方はこちらをご覧ください

メンバーズ特典
記事の無料購読とクリップ
セミナーが無料又は優待価格
自費診療カタログの一括資料請求

パスワードをお忘れの方

メールアドレス

ご登録したメールアドレスを入力ください。パスワードを再設定するためのURLをお送りいたします。

パスワードをお忘れの方

パスワードを再設定するためのURLをお送りしました。24時間以内にパスワードの再設定を行って下さい。

Clipを上書きしてもよろしいですか?

すでにPickしたことがあるニュースです。
再度Pickするとコメントが上書きされます。

Clipを削除してもよろしいですか?

Clipを削除すると元に戻すことは出来ません。