• ホーム
  • 経営
  • 家具が描かれていない図面には要注意? 意外と知らないクリニック設計の落とし穴

2

家具が描かれていない図面には要注意? 意外と知らないクリニック設計の落とし穴

家具が描かれていない図面には要注意? 意外と知らないクリニック設計の落とし穴

2020.06.26

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クリニックの使い勝手や集患状況は、設計やデザインによって左右されることがあります。決められた広さのテナントに、必要な機能や流れを計画し、ニーズに合ったデザインにするためには、クリニック設計に関する基礎知識が必要です。
クリニックの内装設計を専門とする株式会社コンパス。代表取締役である一級建築士の長渡和久氏に、クリニック設計時のポイントを教えていただきました。

一番重要なのは、『何を大事にするのか』を決めるのこと

クリニックの設計において一番大切なことは、患者の属性や対象とする地域特性を鑑みながら、そのクリニックが何を大切にし、何を優先するのかを決め、それに沿った設計やデザインを施すことです。例えば、スタッフの動線を優先するのか、患者のプライバシーを優先するのか、診察室はどのくらいの広さにするか、どういう雰囲気にするのか…など、設計やデザインに関わる決定事項の判断は、全てそこを基準とします。逆にその点が曖昧ですと、打合せをしている中で設計やデザインが頻繁に変わり、また、完成しても使いにくく中途半端なクリニックになってしまいます。

初回面談からご開業までにかかる期間は6~7か月(テナントの場合)

自費研Onlineはメンバーズ登録無料

この記事は自費研メンバーズ限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

自費研の最新情報をSNSでお知らせ

自費研カタログ関連商品

自費研カタログ関連商品はありません

自費研の最新情報をSNSでお知らせ
自費研アプリで読む

セミナー・イベント

一覧

カタログ

一覧

求人

一覧

自費研VIDEO

一覧

無料資料ダウンロード
コンサルティング
自費研オンライン顧問s

自費研メンバーズ(無料)登録

メールアドレスで登録

メールが届かない場合について

Facebookで新規登録 Facebookで新規登録

Facebook登録、ログインができない方はこちらをご覧ください

メンバーズ特典
記事の無料購読とクリップ
セミナーが無料又は優待価格
自費診療カタログの一括資料請求

パスワードをお忘れの方

メールアドレス

ご登録したメールアドレスを入力ください。パスワードを再設定するためのURLをお送りいたします。

パスワードをお忘れの方

パスワードを再設定するためのURLをお送りしました。24時間以内にパスワードの再設定を行って下さい。

Clipを上書きしてもよろしいですか?

すでにPickしたことがあるニュースです。
再度Pickするとコメントが上書きされます。

Clipを削除してもよろしいですか?

Clipを削除すると元に戻すことは出来ません。