脂肪吸引、今後の新たな戦略 THE CLINIC 西川 みどり先生

脂肪吸引、今後の新たな戦略 THE CLINIC 西川 みどり先生

2021.05.31

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

機器の進化や新しい技術によって、術後の痛みや傷跡などの負担が少なくなりつつある脂肪吸引術。それにより以前よりも定着率の高い脂肪細胞が採取できるようになったことで、豊胸のみならず、エイジングケアや肌質改善目的に脂肪を利用する治療も登場しています。
脂肪吸引術の現在とさらなる可能性を、ベイザー脂肪吸引のリーディングクリニックであるTHE CLINICの西川みどり先生に伺いました。

THE CLINIC 西川 みどり 先生

渋谷DSクリニック
https://dsclinic.jp/ 

注射やマシン痩身を受けた患者も脂肪吸引にたどり着く

——社会環境が変わったことにより、御院では変化はありましたか?
以前は費用の安い韓国で脂肪吸引をされていた若い方が、コロナで海外に行けなくなり、クリニックに来られるようになりました。コロナ太りもありますし、リモートワークなどである程度ダウンタイムをカバーできるということも増加の理由であると思います。

——脂肪吸引はどのような方に適しているか、また優れているところはどこですか?
確かに切らない方法でやりたいという方は沢山いると思います。ただ広範囲を痩せたいという場合は、回数も重ねないといけません。注射治療などは回数を重ねると中の組織が固くなることもあります。希望通りの効果が出ないので脂肪吸引に来たという方も当院には沢山いらっしゃいます。
脂肪吸引では、脂肪細胞の数を減らすことができるので、吸引しておくとリバウンドしにくいというメリットもあります。

小顔治療やボディメイクなどの新しい脂肪吸引の方向性

——御院では顔の脂肪吸引をされていますが、ニーズは増加していますか?
今はマスクが必須なので、ダウンタイムを考えて今のうちにやっておこうという方が多いのかなと思います。顔の吸引も注入も、コロナになってから多いと感じます。

自費研Onlineはメンバーズ登録無料

この記事は自費研メンバーズ限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

自費研の最新情報をSNSでお知らせ

自費研カタログ関連商品

自費研カタログ関連商品はありません

Pure
自費研の最新情報をSNSでお知らせ
自費研アプリで読む

セミナー・イベント

一覧

カタログ

一覧

求人

一覧

自費研VIDEO

一覧

無料資料ダウンロード
コンサルティング
自費研オンライン顧問s
IVC for Cancer Program公式 心とからだにやさしいがん治療・予防プログラム
特別な医師と新しい治療法が見つかる医療情報サイト

自費研メンバーズ(無料)登録

メールアドレスで登録

メールが届かない場合について

Facebookで新規登録 Facebookで新規登録

Facebook登録、ログインができない方はこちらをご覧ください

メンバーズ特典
記事の無料購読とクリップ
セミナーが無料又は優待価格
自費診療カタログの一括資料請求

パスワードをお忘れの方

メールアドレス

ご登録したメールアドレスを入力ください。パスワードを再設定するためのURLをお送りいたします。

パスワードをお忘れの方

パスワードを再設定するためのURLをお送りしました。24時間以内にパスワードの再設定を行って下さい。

Clipを上書きしてもよろしいですか?

すでにPickしたことがあるニュースです。
再度Pickするとコメントが上書きされます。

Clipを削除してもよろしいですか?

Clipを削除すると元に戻すことは出来ません。