• ホーム
  • 治療
  • 機能回復を考えた注入治療。トレンドは、ファンクショナル。【花房火月先生インタビュー】
機能回復を考えた注入治療。トレンドは、ファンクショナル。【花房火月先生インタビュー】

機能回復を考えた注入治療。トレンドは、ファンクショナル。【花房火月先生インタビュー】

2019.03.15

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

独立開業なさってから短い期間で5院までクリニックを拡げられた、花房火月(はなふさ ひづき)先生に、ヒアルロン酸注入治療についてお話を聞いた。最新の治療法の研鑽に励み、優れた治療法を積極的に取り入れていらっしゃる花房先生が行う「消去法で考える注入ポイント」、「顔の機能回復のための注入」とは。

2011年に開業なさり、すでに5院まで拡げられています。医師としてのご経歴について伺います。

最初は外科医を志望しており、がん研有明病院で研修しました。がん研有明病院では多くを学びましたが、自分の体力を考えると外科は厳しいということも分かりました。二番目の志望が皮膚科医だったのは、子供の頃からアトピーで通院していたので、同じように苦しんでいる人の力になりたいと考えたからです。東大病院で初期研修と専門研修、その後、NTT関東労災病院で静脈瘤、植皮など外科的な手技を学び、東京厚生年金病院(現・新宿医療センター)では皮膚外科の多様な手術を経験させていただきました。
医師になって5年目、三鷹で開業しました。当初はアトピーや乾燥肌を中心に診ていて、患者さんが増えず苦労した時期もありました。そこで、外科手術の経験を活かそうと考え、皮膚外科を始めたところ、全国から患者さんが来てくださるようになり、一日に20例から25例、朝から晩まで手術という忙しい毎日になりました。その後、三鷹が手狭になり、新座、国分寺、久我山、志木と開院し、現在に至っています。

皮膚外科だけでなく、今では美容医療でもたくさんの患者さんをお持ちですが、美容医療を始められたきっかけは。

皮膚外科に続いて美容医療も始めたことで、患者さんが増えました。最初は美容に対する抵抗があったのですが、すでにシミのレーザー治療、ニキビ治療などは行っていましたので、その流れで注入治療を始めることにしたのです。
始めてみると、そこには、ものすごいニーズがあることがわかりました。

郊外エリアでの注入治療のニーズについて、具体的にお聞きしたいです。クリニックの立地は経営を大きく左右するポイントですが、三鷹から始め、すべて郊外で開院なさっています。

自費研Onlineはメンバーズ登録無料

この記事は自費研メンバーズ限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

自費研の最新情報をSNSでお知らせ

自費研カタログ関連商品

自費研カタログ関連商品はありません

自費研の最新情報をSNSでお知らせ
自費研アプリで読む

セミナー・イベント

一覧

カタログ

一覧

求人

一覧

自費研VIDEO

一覧

無料資料ダウンロード
コンサルティング
自費研オンライン顧問s

自費研メンバーズ(無料)登録

メールアドレスで登録

メールが届かない場合について

Facebookで新規登録 Facebookで新規登録

Facebook登録、ログインができない方はこちらをご覧ください

メンバーズ特典
記事の無料購読とクリップ
セミナーが無料又は優待価格
自費診療カタログの一括資料請求

パスワードをお忘れの方

メールアドレス

ご登録したメールアドレスを入力ください。パスワードを再設定するためのURLをお送りいたします。

パスワードをお忘れの方

パスワードを再設定するためのURLをお送りしました。24時間以内にパスワードの再設定を行って下さい。

Clipを上書きしてもよろしいですか?

すでにPickしたことがあるニュースです。
再度Pickするとコメントが上書きされます。

Clipを削除してもよろしいですか?

Clipを削除すると元に戻すことは出来ません。