• ホーム
  • 治療
  • バージョンアップした「ダーマペン」は、多彩なメニュー展開が可能。ソフトな治療でありながら結果を出せるのは、日本女性の需要に合っている。もはやフラクショナルレーザーは不要か?!
バージョンアップした「ダーマペン」は、多彩なメニュー展開が可能。ソフトな治療でありながら結果を出せるのは、日本女性の需要に合っている。もはやフラクショナルレーザーは不要か?!

バージョンアップした「ダーマペン」は、多彩なメニュー展開が可能。ソフトな治療でありながら結果を出せるのは、日本女性の需要に合っている。もはやフラクショナルレーザーは不要か?!

2019.05.27

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

初代「ダーマペン」がマイクロニードリングに革命を起こしたのは、2010年。それからバージョンアップを続け、「Dermapen4」が世界初のデジタル化、ブルートゥースを搭載して2018年に登場した。施術そのものはシンプルで導入しやすく治療メニューは肌質改善から瘢痕治療まで可能である。加えて、併用薬剤との組み合わせにより多彩なオーダーメイドメニューが作れる。この度、施術直後に塗布可能な、鎮静効果のある肌色のカバー剤も開発され、ダウンタイムという敷居も低くなった。新しい「ダーマペン治療」の認知度が上がれば、ニーズが急上昇することは間違いない。
「ダーマペン」先進国のオーストラリア、シドニーにおいてリサーチし、ご自身のクリニックでもリピーターを多くお持ちのスキンリファインクリニック広尾の院長、橋本聡先生にお話を伺った。

バージョンアップされた「ダーマペン」が、かなり優秀になったとコメントされていますね。
そうですね。従来のものに比べて、「Dermapen4」は非常に高速で肌に孔を開けられるようになっています。治療時間が短縮されて、だいたい麻酔が切れる前に施術が終わりますね。しかも、開ける孔の数が以前より増えているので、効果も上がっています。高速で穿孔でき、治療時間も短くなることで、肌への余分なダメージが減り、ダウンタイムも短くなりました。
今までのダーマペンをご存知ではない方には、少し分かりにくいかもしれませんが、発想が全く違う感じです。オーストラリアでは、ダーマペン1本で満足してもらえる結果を出す、というコンセプトで機器が進化してきたのだと思います。シドニーにはダーマペン治療専門のクリニックがあり、広く普及しています。あちらは紫外線の影響が大きいので、肌のメンテナンスでは先進国と言って良いかもしれません。

肌質の改善という観点で、レーザー治療と比べて、どう評価なさっていますか?
概して、レーザーよりも良い結果が出せています。例えば、アクネスカーでフラクショナル・レーザーを使用する場合、深いスカーには出力を上げなければならず、その結果、熱がこもり、ダウンタイムも長くなりがちです。近年、アジア人の肌は熱を加えない方が良いだろうという見地があります。ダーマペンは、針による創傷で赤みが出ますが、ほとんどの場合、短い時間で消失します
ドラッグ・デリバリーという点でも、フラクショナル・レーザーで開いた孔は凝固すると考えられており、薬剤の浸透率は低いと言われています。一方、ダーマペンで開いた孔には薬剤が速やかに浸透されます。
創傷治癒によるリジュビネーションと優れた浸透率のドラッグ・デリバリーという2つの効能があるダーマペンは、今までにない治療と言えるかもしれません。

微小とはいえ孔を開ける治療なので、ダウンタイムが心配な方もいらっしゃるのでは?
術後の赤みには、個人差がありますね。深度を深くしても赤みが出ない人、浅くても赤みが出る人がいらっしゃいます。特に、アクネスカーは深めにしないと瘢痕が引き上がってきませんので、赤みは出やすくなります。赤みの個人差を判別するには、まず、額の上部で試してみて様子を観察し、術後のご予定などをお聞きしながら、最大の結果を出すように調整します。「Dermapen4」はその点でも、アレンジしやすい機能が装備されています。

どのくらいの頻度で治療ができるのですか?
肌質改善を目的にした、深度が0.5mm~1.0くらいの浅めの治療だと2週間から1ヶ月です。アクネスカーの治療で2mmから3mmの深度だと修復期間に1ヶ月以上はおいて、次の治療を行います。どちらにしても、1回で効果を実感して頂けるので、リピート率がかなり高いです。

ドラッグデリバリー効果についてお聞きします。どのような薬剤を併用なさるのですか?
最近、患者さんからの評価が高いのは、「AminoGenix」(アミノジェニクス)ですね。創傷治癒の促進効果は非常にすぐれています。これは1回の治療で、肌が変わります。アクネスカーに関しては特に優秀です。もともと「エランセ」のリピーターだった方の多くが、「Dermapen4」を選ばれるようになってきたので「PCL(ポリカプロラクトン) 」も人気が高いですね。コラーゲンブースターとして、大変優れています。持続的にコラーゲンの生成が促進されます。「Dermapen4」と「PCL」の組み合わせも、毎日のように行っています。
今までフラクショナルレーザーで頑張っていた人にはお気の毒、と思えるくらいの結果が出せています。。併用薬剤は、そのほかにも、ヒアルロン酸、トラネキサム酸、ビタミンCなどイオン導入で使っているものを使用できます。
「Dermapen4」は、ドラッグデリバリーでは最高峰の治療だと思います。

エイジングの悩みで多い、シワ、シミ、たるみには効果がありますか?

セミナー・イベント

一覧

カタログ

一覧

求人

一覧

無料資料ダウンロード
コンサルティング
自費研M&A
自費研オンライン顧問s

自費研メンバーで(無料)登録

メンバーズ特典
記事の無料購読とクリップ
セミナーが無料又は優待価格
自費診療カタログの一括資料請求

Facebookで新規登録 Facebookで新規登録

Facebook登録、ログインができない方はこちらをご覧ください

メールアドレスで登録

メールが届かない場合について

パスワードをお忘れの方

メールアドレス

ご登録したメールアドレスを入力ください。パスワードを再設定するためのURLをお送りいたします。

パスワードをお忘れの方

パスワードを再設定するためのURLをお送りしました。24時間以内にパスワードの再設定を行って下さい。

Clipを上書きしてもよろしいですか?

すでにPickしたことがあるニュースです。
再度Pickするとコメントが上書きされます。

Clipを削除してもよろしいですか?

Clipを削除すると元に戻すことは出来ません。