• ホーム
  • ニュース
  • 生命科学インスティテュート Muse細胞投与による皮膚疾患への有効性確認
生命科学インスティテュート Muse細胞投与による皮膚疾患への有効性確認

生命科学インスティテュート Muse細胞投与による皮膚疾患への有効性確認

2020.08.07

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

三菱ケミカルホールディングス傘下の生命科学インスティテュートは、7月29日、幹細胞の一種「Muse細胞」を用いた表皮水疱症患者への臨床試験の結果を発表した。

Muse細胞(Multilineage-differentiating Stress Enduring cell)とは、生体内の間葉系幹細胞組織内に存在する幹細胞。腫瘍化のリスクが低いとされる。Muse細胞は各臓器の結合組織中に分布していることから、目的の細胞への分化誘導や、外科手術による移植の必要がない。そのまま静脈内に投与するだけで、損傷部位へと遊走、集積、生着して組織修復を行う特性を持っている。2010年に東北大学の出澤真理教授のグループにより発見された。

自費研Onlineはメンバーズ登録無料

この記事は自費研メンバーズ限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

自費研の最新情報をSNSでお知らせ

自費研カタログ関連商品

自費研カタログ関連商品はありません

自費研の最新情報をSNSでお知らせ
自費研アプリで読む

セミナー・イベント

一覧

カタログ

一覧

求人

一覧

自費研VIDEO

一覧

無料資料ダウンロード
コンサルティング
自費研オンライン顧問s
IVC for Cancer Program公式 心とからだにやさしいがん治療・予防プログラム

自費研メンバーズ(無料)登録

メールアドレスで登録

メールが届かない場合について

Facebookで新規登録 Facebookで新規登録

Facebook登録、ログインができない方はこちらをご覧ください

メンバーズ特典
記事の無料購読とクリップ
セミナーが無料又は優待価格
自費診療カタログの一括資料請求

パスワードをお忘れの方

メールアドレス

ご登録したメールアドレスを入力ください。パスワードを再設定するためのURLをお送りいたします。

パスワードをお忘れの方

パスワードを再設定するためのURLをお送りしました。24時間以内にパスワードの再設定を行って下さい。

Clipを上書きしてもよろしいですか?

すでにPickしたことがあるニュースです。
再度Pickするとコメントが上書きされます。

Clipを削除してもよろしいですか?

Clipを削除すると元に戻すことは出来ません。