• ホーム
  • 歯科治療
  • 歯科矯正専門医が考えるエイジングケアとは -銀座並木通りさゆみ矯正歯科デンタルクリニック81院長 坂本紗有見先生-
歯科矯正専門医が考えるエイジングケアとは -銀座並木通りさゆみ矯正歯科デンタルクリニック81院長 坂本紗有見先生-

歯科矯正専門医が考えるエイジングケアとは -銀座並木通りさゆみ矯正歯科デンタルクリニック81院長 坂本紗有見先生-

2021.03.26

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

歯科領域におけるエイジングケアとは――矯正専門歯科医師であり、女性院長としてご活躍の坂本紗有美見先生。矯正歯科医師としてエイジングケアへの視点と、腸内細菌を活用したアプローチについてお話しいただきました!

歯列が与える影響とは

――歯科領域におけるエイジングケアとはどのようなものであるとお考えでしょうか。
私は矯正歯科医師なので、歯並びがきれいになることが究極のエイジングケアだと考えています。その理由として、歯並びの問題で虫歯や歯周病になりやすいことが挙げられます。特に受け口や前歯部が噛んでいない場合、奥歯のみで咬合を支えているために負担がかかり、歯を失う原因となります。奥歯1~2本だけで支えることになれば、自ずと負担がかかって順番に歯を失っていく事になるのです。
80歳で20本の歯が残っている人のなかに、受け口の人と前歯が噛んでいない人は一人もいなかったという大きな研究結果があります。虫歯の予防で歯を磨いたり歯周病のケアをしても、歯列の整った人に敵うものはないということですね。
また、歯がある場合とない場合でのエイジングケアのアプローチは変わってくると思います。歯を失ってしまったり、形態的な問題に対しては、厚みのある前歯部にするなどの対応をしています。歯がある場合はホワイトニングやラミネートなどで印象を変えることが可能です。 ですが、さらにその前段階として、ご自身の歯を残し、歯周病や虫歯を悪化させないためにも歯並びをよくするということが、私のアンチエイジングに対する考えです。

自費研Onlineはメンバーズ登録無料

この記事は自費研メンバーズ限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

自費研の最新情報をSNSでお知らせ

自費研カタログ関連商品

自費研カタログ関連商品はありません

この商品の関連記事

関連記事はありません

自費研の最新情報をSNSでお知らせ
自費研アプリで読む

セミナー・イベント

一覧

カタログ

一覧

求人

一覧

自費研VIDEO

一覧

無料資料ダウンロード
コンサルティング
自費研オンライン顧問s
IVC for Cancer Program公式 心とからだにやさしいがん治療・予防プログラム
特別な医師と新しい治療法が見つかる医療情報サイト

自費研メンバーズ(無料)登録

メールアドレスで登録

メールが届かない場合について

Facebookで新規登録 Facebookで新規登録

Facebook登録、ログインができない方はこちらをご覧ください

メンバーズ特典
記事の無料購読とクリップ
セミナーが無料又は優待価格
自費診療カタログの一括資料請求

パスワードをお忘れの方

メールアドレス

ご登録したメールアドレスを入力ください。パスワードを再設定するためのURLをお送りいたします。

パスワードをお忘れの方

パスワードを再設定するためのURLをお送りしました。24時間以内にパスワードの再設定を行って下さい。

Clipを上書きしてもよろしいですか?

すでにPickしたことがあるニュースです。
再度Pickするとコメントが上書きされます。

Clipを削除してもよろしいですか?

Clipを削除すると元に戻すことは出来ません。