• ホーム
  • 治療
  • 「隠れアレルギー」の原因 食べ物と症状の因果関係を探る 遅延型フードアレルギー検査

1

「隠れアレルギー」の原因 食べ物と症状の因果関係を探る 遅延型フードアレルギー検査

「隠れアレルギー」の原因 食べ物と症状の因果関係を探る 遅延型フードアレルギー検査

2017.11.21

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

遅延型フードアレルギー検査とは、IgGという抗体が関係する反応をみる検査。従来のアレルギーに対する血液検査では特定できなかった「隠れアレルギー」を引き起こす食べ物と症状との因果関係が明らかになる。現在一般診療で行われている食物アレルギー検査に対する血液検査は、即時型アレルギー抗体(IgE抗体)を測定するもので、食べてすぐにじんま疹や喉のかゆみ、呼吸困難などの症状が現れるため、患者様自身が認識することができる。

でも、遅延型フードアレルギー検査は、遅延型アレルギー抗体(IgG抗体)によって起こる反応を調べるもので、その名のとおり食べた後6時間から24時間後、もしくは数日後に、体がゆっくり炎症を起こす遅延アレルギーが対象となる。

遅延型アレルギーの症状は、通常、アレルギーの症状とは考えられていないような下記のような不調が現れる。

セミナー・イベント

一覧

カタログ

一覧

求人

一覧

無料資料ダウンロード
コンサルティング
自費研オンライン顧問s

自費研メンバーで(無料)登録

メンバーズ特典
記事の無料購読とクリップ
セミナーが無料又は優待価格
自費診療カタログの一括資料請求

Facebookで新規登録 Facebookで新規登録

メールアドレスで登録

メールが届かない場合について

パスワードをお忘れの方

メールアドレス

ご登録したメールアドレスを入力ください。パスワードを再設定するためのURLをお送りいたします。

パスワードをお忘れの方

パスワードを再設定するためのURLをお送りしました。24時間以内にパスワードの再設定を行って下さい。

Clipを上書きしてもよろしいですか?

すでにPickしたことがあるニュースです。
再度Pickするとコメントが上書きされます。

Clipを削除してもよろしいですか?

Clipを削除すると元に戻すことは出来ません。