• ホーム
  • 医科治療
  • 患者に寄り添い続けるために 毛髪治療の新たな選択肢“自己血を使用したサイトカイン療法”
患者に寄り添い続けるために 毛髪治療の新たな選択肢“自己血を使用したサイトカイン療法”

患者に寄り添い続けるために 毛髪治療の新たな選択肢“自己血を使用したサイトカイン療法”

2020.10.19

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大手AGA専門クリニックで診療顧問を経験されるなど、数多の毛髪治療の症例をお持ちのイークリニック麻布 院長の髙橋栄里先生。経験と実績に基づいた確かな判断で多くの患者から信頼を寄せられる髙橋先生に、毛髪治療の現状や、今注目しているという「自己血を使用したサイトカイン療法」についてお伺いしました。

高まるニーズを感じて

「髪も皮膚の一部である」——大学病院や美容皮膚科で沢山の患者様のお悩みに向き合い、このような考えにたどり着きました。男性型脱毛症の治療薬が厚生労働省の認可を取得したこともあり、毛髪研究に力を入れるようになり、AGA専門クリニックの立ち上げにも携わりました。しかしメカニズムは違えど、髪の悩みは性別を問わないものです。多くの患者様の不安を取り除き背中を押してあげられるような場所を作りたいと考え、昨年毛髪治療もできる美容皮膚科を開院いたしました。

一歩進みたい患者のために

毛髪治療の基本は服薬ですが、日本皮膚科学会が定めた男性型脱毛症診療ガイドラインで推奨Aとされている内服はフィナステリドとデュタステリドのみです。”ホルモンに働きかけ進行を遅らせる”これら二種のみでは、複合的な原因への対処に限界がありました。こうした背景から毛髪研究はさらに進み、ミノキシジルなどの外用を含む新たな治療薬やメソセラピー、植毛など、治療の選択肢は大きく広がっています。当院ではガイドラインを主軸に、患者様のご意向と医師としての判断とをしっかり擦り合わせ治療プランを立てるよう心がけています。

脱毛症は進行性の疾患であるため、ゴールを設定するというよりは、上手にコントロールしていくことが大切です。そのため毛髪治療を必要とする患者様は常に新しいものを求める傾向にあり、PRPなどの再生医療にもご興味を持っていらっしゃる方も多く、医師としてできる限り多くの選択肢をご用意したいと考えています。

新たな選択肢「自己血を使用したサイトカイン療法」とは

そうした患者様にお勧めでき、私自身も期待を寄せているのが、「自己血を使用したサイトカイン療法」です。

自費研Onlineはメンバーズ登録無料

この記事は自費研メンバーズ限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

自費研の最新情報をSNSでお知らせ

自費研カタログ関連商品

自費研カタログ関連商品はありません

Pure
自費研の最新情報をSNSでお知らせ
自費研アプリで読む

セミナー・イベント

一覧

カタログ

一覧

求人

一覧

自費研VIDEO

一覧

無料資料ダウンロード
自費研オンライン顧問s
IVC for Cancer Program公式 心とからだにやさしいがん治療・予防プログラム
特別な医師と新しい治療法が見つかる医療情報サイト

自費研メンバーズ(無料)登録

メールアドレスで登録
※パスワードは8文字以上20文字以内で入力してください。
使用できる文字は半角英数字と記号 ! $ % & * + - / = _ ` { | } . # @です。

メールが届かない場合について

Facebookで新規登録 Facebookで新規登録

Facebook登録、ログインができない方はこちらをご覧ください

メンバーズ特典
記事の無料購読とクリップ
セミナーが無料又は優待価格
自費診療カタログの一括資料請求

パスワードをお忘れの方

メールアドレス

ご登録したメールアドレスを入力ください。パスワードを再設定するためのURLをお送りいたします。

パスワードをお忘れの方

パスワードを再設定するためのURLをお送りしました。24時間以内にパスワードの再設定を行って下さい。

Clipを上書きしてもよろしいですか?

すでにPickしたことがあるニュースです。
再度Pickするとコメントが上書きされます。

Clipを削除してもよろしいですか?

Clipを削除すると元に戻すことは出来ません。