• ホーム
  • 治療
  • 医療でしか提供できない治療でエステとの差別化を ~レーザーを用いた医療痩身 “SculpSure”~
医療でしか提供できない治療でエステとの差別化を ~レーザーを用いた医療痩身 “SculpSure”~

医療でしか提供できない治療でエステとの差別化を ~レーザーを用いた医療痩身 “SculpSure”~

2019.10.17

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

レーザーによって脂肪細胞にダメージを与える医療痩身機器“SculpSure(スカルプシュア)”。
クリニックに導入して2年で、数多くの症例を重ねられ、独自の固定具まで開発されたという脇田加恵先生(Skin Solution Clinic院長)にスカルプシュアの有用性について、お話を伺った。

レーザーによりじっくりと脂肪細胞を破壊する

スカルプシュアは、レーザー照射を用いた医療痩身機器です。その仕組みを簡単にご説明すると、皮下脂肪細胞の吸収率が高いとされる1,060nmの波長のレーザーを脂肪細胞へ照射し、42~47℃の温度に上昇させることでダメージを与えます。そうすることで、術後3か月かけて脂肪細胞が自然死(アポトーシス)し、排出されます。
1回25分の治療を1か月ごとに計4回以上行うことで、効果が顕著に表れます。
他の痩身機器と違い、じっくりと脂肪細胞を死滅させるため、リバウンドしにくいのが特長です。

医師しかできない治療でエステとの差別化を図る

痩身というとエステを選択される方が多いように感じます。最近では、エステで使うマシンも進化しており、医療機器と類似したマシンが出回っているのが現状です。
しかし、レーザー治療というのは医師しか扱えない治療法です。エステでは絶対にできない治療法だからこそ、医療機関で導入する意味があると思っています。効果を出すことができ、なおかつエステとの差別化ができるという点が決め手となり、クリニックにスカルプシュアを導入することを決めました。

細かく装着できるので効果的に部分痩せが可能

スカルプシュアは、部分痩せをメインとしています。肥満ではなかったり、日頃からトレーニングをしていたりする女性であっても、どうしてもとれない部分を気にされている方は多くいらっしゃいます。スカルプシュアは部位ごとに細かく装着できるので、そういったニーズに対応できるのが強みです。
治療自体は座位で行います。寝てしまうと一番出ている部位が流れてしまい、狙ったところに当たらないので、座ったままの治療が効果的です。
治療中は少し熱いと感じるかもしれませんが、特に痛みはありませんので、携帯をいじったり雑誌を読んだりしながら受けていただくこともできるので大変好評です。

自費研Onlineはメンバーズ登録無料

この記事は自費研メンバーズ限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

自費研の最新情報をSNSでお知らせ

自費研カタログ関連商品

自費研カタログ関連商品はありません

自費研の最新情報をSNSでお知らせ
自費研アプリで読む

セミナー・イベント

一覧

カタログ

一覧

求人

一覧

自費研VIDEO

一覧

無料資料ダウンロード
コンサルティング
自費研オンライン顧問s
IVC for Cancer Program公式 心とからだにやさしいがん治療・予防プログラム

自費研メンバーズ(無料)登録

メールアドレスで登録

メールが届かない場合について

Facebookで新規登録 Facebookで新規登録

Facebook登録、ログインができない方はこちらをご覧ください

メンバーズ特典
記事の無料購読とクリップ
セミナーが無料又は優待価格
自費診療カタログの一括資料請求

パスワードをお忘れの方

メールアドレス

ご登録したメールアドレスを入力ください。パスワードを再設定するためのURLをお送りいたします。

パスワードをお忘れの方

パスワードを再設定するためのURLをお送りしました。24時間以内にパスワードの再設定を行って下さい。

Clipを上書きしてもよろしいですか?

すでにPickしたことがあるニュースです。
再度Pickするとコメントが上書きされます。

Clipを削除してもよろしいですか?

Clipを削除すると元に戻すことは出来ません。