• ホーム
  • ニュース
  • 「もう怖くない」子どもたちの不安に寄り添う医療デザインの力
「もう怖くない」子どもたちの不安に寄り添う医療デザインの力

「もう怖くない」子どもたちの不安に寄り添う医療デザインの力

2019.06.28

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

12歳の少女が考案したぬいぐるみ点滴カバーが、病気と闘う子どもたちを笑顔にしている。

点滴スタンドとチューブが怖かった

少女の名前はエラ・カサーノ(Ella Casano)。アメリカ・コネチカット州に住む彼女は、7歳の頃、突発性血小板減少症紫斑病(ITP)と診断を受けた。治療の為8週間おきに点滴を受けなければならない彼女は、大量の製剤がチューブを通し自分の身体に投与される様子を、とても怖く感じたのだという。

そこで彼女はぬいぐるみを切り取り、点滴カバーを自作、メディ・テディ(Medi Teddy)と名付けた。

自費研カタログ関連商品

自費研カタログ関連商品はありません

セミナー・イベント

一覧

カタログ

一覧

求人

一覧

無料資料ダウンロード
コンサルティング
自費研M&A
自費研オンライン顧問s

自費研メンバーで(無料)登録

メンバーズ特典
記事の無料購読とクリップ
セミナーが無料又は優待価格
自費診療カタログの一括資料請求

Facebookで新規登録 Facebookで新規登録

Facebook登録、ログインができない方はこちらをご覧ください

メールアドレスで登録

メールが届かない場合について

パスワードをお忘れの方

メールアドレス

ご登録したメールアドレスを入力ください。パスワードを再設定するためのURLをお送りいたします。

パスワードをお忘れの方

パスワードを再設定するためのURLをお送りしました。24時間以内にパスワードの再設定を行って下さい。

Clipを上書きしてもよろしいですか?

すでにPickしたことがあるニュースです。
再度Pickするとコメントが上書きされます。

Clipを削除してもよろしいですか?

Clipを削除すると元に戻すことは出来ません。