• ホーム
  • ニュース
  • 特殊メイクの技術を応用!お化け屋敷プロデューサーが作るオペ練習用人形[HEADOROID]とは?!
特殊メイクの技術を応用!お化け屋敷プロデューサーが作るオペ練習用人形[HEADOROID]とは?!

特殊メイクの技術を応用!お化け屋敷プロデューサーが作るオペ練習用人形[HEADOROID]とは?!

2019.03.04

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生首や腕、血まみれの骸骨などが散乱する不気味なオフィスに“それ“はあった。
手にしたときの感触は、人間そのもの。肌の弾力性や軟骨まで再現された、このオペ練習用人形『整形手術ダミー [HEADOROID]ヘッドロイド』は、その精巧さから、他の人形たちとは一線を画した趣があった。
ここは都内某所にある株式会社ゾウンテッドの研究所。(http://obake.red/corp/)
代表のマイケルティー・ヤマグチ氏は、自身が持つ特殊造形の技術を応用して、オペ練習用のヘッドロイドを開発していた。
まだ一般販売はされていないというこの人形、いったいどういうものなのか、マイケルティー氏に伺ってきた。

『整形手術ダミー [HEADOROID]ヘッドロイド』とは?

一言でいうと手術練習用の人形です。現在、製品化しているのは頭部のみとなり、主に美容外科手術に特化した仕様で開発しました。目の周りと鼻の手術に対応している本製品は、その素材や質感にこだわって作られています。
製作にあたっては、試行錯誤の連続でした。私の本職はお化け屋敷のプロデュースや特殊造形です。お化け屋敷で使用するリアルな人形や、より人間らしく見せる技術を活かして、プロトタイプを作成しました。それを実際の医師に使用してもらい、フィードバックをもとに改良する。これを繰り返して、今の形へとたどり着きました。
目の周りは、二重瞼手術に対応するために、まぶた特有の薄く柔らかい質感はもちろん、まぶたにある軟骨(瞼板)も再現しています。薄さや伸縮性を残しつつ、医療用の糸で縫っても切れないようにする。この部分が非常に難しく、医師の方々と何度も協議を重ねて、今の形にたどり着きました。

なぜ美容外科手術用に特化しているのでしょうか?

自費研Onlineはメンバーズ登録無料

この記事は自費研メンバーズ限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

自費研の最新情報をSNSでお知らせ

自費研カタログ関連商品

自費研カタログ関連商品はありません

自費研の最新情報をSNSでお知らせ
自費研アプリで読む

セミナー・イベント

一覧

カタログ

一覧

求人

一覧

自費研VIDEO

一覧

無料資料ダウンロード
コンサルティング
自費研オンライン顧問s

自費研メンバーズ(無料)登録

メールアドレスで登録

メールが届かない場合について

Facebookで新規登録 Facebookで新規登録

Facebook登録、ログインができない方はこちらをご覧ください

メンバーズ特典
記事の無料購読とクリップ
セミナーが無料又は優待価格
自費診療カタログの一括資料請求

パスワードをお忘れの方

メールアドレス

ご登録したメールアドレスを入力ください。パスワードを再設定するためのURLをお送りいたします。

パスワードをお忘れの方

パスワードを再設定するためのURLをお送りしました。24時間以内にパスワードの再設定を行って下さい。

Clipを上書きしてもよろしいですか?

すでにPickしたことがあるニュースです。
再度Pickするとコメントが上書きされます。

Clipを削除してもよろしいですか?

Clipを削除すると元に戻すことは出来ません。