• ホーム
  • 歯科治療
  • アプリの活用が医院の活性化にも貢献! 診察券アプリ「myDental」(前編)
アプリの活用が医院の活性化にも貢献! 診察券アプリ「myDental」(前編)

アプリの活用が医院の活性化にも貢献! 診察券アプリ「myDental」(前編)

2021.01.27

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コロナ禍の影響で「非接触」が求められるなか、歯科業界で予約管理システムや診察券アプリサービスに注目が集まっている。中でも、株式会社DentaLightが提供する診察券アプリ「myDental」は単なるサービスにとどまらず、ひときわ熱い想い開発・提供され、順調に導入医院を増やしている。前編はサービス概要と自費率向上のポイントをお伺いした。

まずは歯科医院の状況改善のために、データを収集できる予約システムを提供

――診察券アプリ「myDental」を開発・提供しようと思ったきっかけを教えてください。
もともと弊社の総意として、「健康をもっと相互依存できる社会をつくる」というビジョンを掲げています。口腔内の健康が全身の健康につながることに注目していますので、歯科医院は非常に重要な立ち位置であると認識しております。ですが、現在の歯科医院の状況では、患者様側へのアプローチにまで至らないのではとの見解に至りました。
具体的には、患者様へのリマインドやデータの管理など、これまでアナログに管理されていたものをシステムにより自動化し、作業効率改善と正確性向上を目指そうと考えました。
そこでまず先に歯科医院向け予約システム「ジニー」を2017年に開発・提供。その次のステップとして、診察券アプリ「myDental」は2018年2月に歯科医院での利用が始まり、2020年7月のリニューアルを経て、現在のサービス仕様となっております。

――「myDental」とはどのようなものでしょうか。

自費研Onlineはメンバーズ登録無料

この記事は自費研メンバーズ限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

自費研の最新情報をSNSでお知らせ

自費研カタログ関連商品

自費研カタログ関連商品はありません

自費研の最新情報をSNSでお知らせ
自費研アプリで読む

セミナー・イベント

一覧

カタログ

一覧

求人

一覧

自費研VIDEO

一覧

無料資料ダウンロード
コンサルティング
自費研オンライン顧問s
IVC for Cancer Program公式 心とからだにやさしいがん治療・予防プログラム
特別な医師と新しい治療法が見つかる医療情報サイト

自費研メンバーズ(無料)登録

メールアドレスで登録

メールが届かない場合について

Facebookで新規登録 Facebookで新規登録

Facebook登録、ログインができない方はこちらをご覧ください

メンバーズ特典
記事の無料購読とクリップ
セミナーが無料又は優待価格
自費診療カタログの一括資料請求

パスワードをお忘れの方

メールアドレス

ご登録したメールアドレスを入力ください。パスワードを再設定するためのURLをお送りいたします。

パスワードをお忘れの方

パスワードを再設定するためのURLをお送りしました。24時間以内にパスワードの再設定を行って下さい。

Clipを上書きしてもよろしいですか?

すでにPickしたことがあるニュースです。
再度Pickするとコメントが上書きされます。

Clipを削除してもよろしいですか?

Clipを削除すると元に戻すことは出来ません。