笑顔だけを映す「魔法の鏡」。がん患者の救いになるか?

笑顔だけを映す「魔法の鏡」。がん患者の救いになるか?

2017.11.14

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

笑顔だけを映す「魔法の鏡」。がん患者の救いになるか?|自費研online

 

笑顔にならないと映らない「魔法の鏡」が話題だ。この「スマイル・ミラー」は、じつはタブレット型デバイス。顔認識ソフトウェアにより、人の笑顔を認識したときだけ鏡のように姿を映し出す仕組みだ。

工業デザイナーのバーク・イルハン氏が、がん患者のQOL改善をテーマとする米スクール・オブ・ビジュアルアーツの修士研究プロジェクト「アップリフト」を通じ、2年半の歳月をかけて開発されたもの。

開発のキッカケになったのは「がんの診断を受けた直後の数日間、鏡に映る自分を見て、身体の中にがん細胞があることを認めることが不気味だった」という元患者の体験談。バーク・イルハン氏は、表情筋を上げて笑顔にすることで、脳も楽しい気分になるのではないかと考え、インタラクティブな鏡を着想した。

自費研カタログ関連商品

自費研カタログ関連商品はありません

セミナー・イベント

一覧

カタログ

一覧

求人

一覧

無料資料ダウンロード
コンサルティング
自費研M&A
自費研オンライン顧問s

自費研メンバーで(無料)登録

メンバーズ特典
記事の無料購読とクリップ
セミナーが無料又は優待価格
自費診療カタログの一括資料請求

Facebookで新規登録 Facebookで新規登録

メールアドレスで登録

メールが届かない場合について

パスワードをお忘れの方

メールアドレス

ご登録したメールアドレスを入力ください。パスワードを再設定するためのURLをお送りいたします。

パスワードをお忘れの方

パスワードを再設定するためのURLをお送りしました。24時間以内にパスワードの再設定を行って下さい。

Clipを上書きしてもよろしいですか?

すでにPickしたことがあるニュースです。
再度Pickするとコメントが上書きされます。

Clipを削除してもよろしいですか?

Clipを削除すると元に戻すことは出来ません。