• ホーム
  • ニュース
  • コロナが医療機関に与えた影響とは 東京都では利益率マイナス20%以上も
コロナが医療機関に与えた影響とは 東京都では利益率マイナス20%以上も

コロナが医療機関に与えた影響とは 東京都では利益率マイナス20%以上も

2020.06.08

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新型コロナの影響を受け、医療機関は軒並み経営状態が悪化している。
日本病院会、全日本病院協会、日本医療法人協会の3団体は、5月27日に『新型コロナウイルス感染拡大による病院経営状況緊急調査(最終報告)』を発表。そこでは、医療機関がコロナにより受けた影響についてまとめられている。
調査期間は5月7日~21日、上記3団体に加盟する4,332院を対象に行われた。そのうち、回答病院数は1,317病院、有効回答数1,307病院、回答率は30.2%だったという。

利益率の落ち込みは最大20%以上も

新型コロナウイルスの影響で、全国のクリニックは大幅な収益減少に悩まされている。

(『新型コロナウイルス感染拡大による病院経営状況緊急調査(最終報告)』3ページより)

全体で見ると、収入はマイナス10.5%と大幅な減少を記録。前年度に比べて5,000万円近く減収していることが分かる。

収入が減る一方で、医療費用などの出費は僅かばかりしか抑えられていない。給与費に至っては前年よりも増加傾向となっている。患者数が減ったところで、スタッフを減らしたり、医薬品の購入をストップしたりすることはできないのが主な要因だ。収入が下がっているにもかかわらず、出費を抑えられていないとなれば、経営が苦しくなってしまうのも無理はない。

では、今回コロナの影響を特に受けた、特定警戒都道府県、および東京都の状況はどうなっているだろうか。

自費研Onlineはメンバーズ登録無料

この記事は自費研メンバーズ限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

自費研の最新情報をSNSでお知らせ

自費研カタログ関連商品

自費研カタログ関連商品はありません

自費研の最新情報をSNSでお知らせ
自費研アプリで読む

セミナー・イベント

一覧

カタログ

一覧

求人

一覧

自費研VIDEO

一覧

無料資料ダウンロード
コンサルティング
自費研オンライン顧問s
IVC for Cancer Program公式 心とからだにやさしいがん治療・予防プログラム

自費研メンバーズ(無料)登録

メールアドレスで登録

メールが届かない場合について

Facebookで新規登録 Facebookで新規登録

Facebook登録、ログインができない方はこちらをご覧ください

メンバーズ特典
記事の無料購読とクリップ
セミナーが無料又は優待価格
自費診療カタログの一括資料請求

パスワードをお忘れの方

メールアドレス

ご登録したメールアドレスを入力ください。パスワードを再設定するためのURLをお送りいたします。

パスワードをお忘れの方

パスワードを再設定するためのURLをお送りしました。24時間以内にパスワードの再設定を行って下さい。

Clipを上書きしてもよろしいですか?

すでにPickしたことがあるニュースです。
再度Pickするとコメントが上書きされます。

Clipを削除してもよろしいですか?

Clipを削除すると元に戻すことは出来ません。