無資格女性がレーザー脱毛、院長らを書類送検

無資格女性がレーザー脱毛、院長らを書類送検

2019.05.10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

看護師免許などの資格を持たないアルバイト女性にレーザー脱毛を行わせ、患者にやけどを負わせたなどして、埼玉県戸田市の「さかい皮膚科」の男性院長が警察に書類送検された。

男性客の顔にやけどを負わせた業務上過失傷害などの疑いで書類送検されたのは、坂井宏朗院長と、施術を行った元職員を合わせて5名。2015年からの2年間で約900名にレーザー脱毛の施術を行っていた。

厚生労働省医政局医事課長は2001年の通達で、「レーザー光線又はその他の強力なエネルギーを有する光線を毛根部分に照射し、毛乳頭、皮脂腺開口部等を破壊する」ことは医療行為にあたり、「医師免許を有しない者が業として行えば医師法第17条に違反する」としている。医師の指示を受けた看護師の施術は許されているが、同院の施術担当者は資格を持っておらず、保健師助産師看護師法違反にあたる。

自費研カタログ関連商品

自費研カタログ関連商品はありません

セミナー・イベント

一覧

カタログ

一覧

求人

一覧

無料資料ダウンロード
コンサルティング
自費研M&A
自費研オンライン顧問s

自費研メンバーで(無料)登録

メンバーズ特典
記事の無料購読とクリップ
セミナーが無料又は優待価格
自費診療カタログの一括資料請求

Facebookで新規登録 Facebookで新規登録

Facebook登録、ログインができない方はこちらをご覧ください

メールアドレスで登録

メールが届かない場合について

パスワードをお忘れの方

メールアドレス

ご登録したメールアドレスを入力ください。パスワードを再設定するためのURLをお送りいたします。

パスワードをお忘れの方

パスワードを再設定するためのURLをお送りしました。24時間以内にパスワードの再設定を行って下さい。

Clipを上書きしてもよろしいですか?

すでにPickしたことがあるニュースです。
再度Pickするとコメントが上書きされます。

Clipを削除してもよろしいですか?

Clipを削除すると元に戻すことは出来ません。