• ホーム
  • ニュース
  • 歯科ラジオ 歯科とお金の歴史・3つのターニングポイント presented by日本歯科新聞社×歯科ラジオ Vol.3
歯科ラジオ 歯科とお金の歴史・3つのターニングポイント presented by日本歯科新聞社×歯科ラジオ Vol.3

歯科ラジオ 歯科とお金の歴史・3つのターニングポイント presented by日本歯科新聞社×歯科ラジオ Vol.3

2022.01.26

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2021年10月16日・17日に開催された「自費研フェスティバル2021」プログラムセミナーにおいて、
日本歯科新聞社:水谷編集長と歯科ラジオ主宰:山本先生が、「歯科とお金の歴史」をテーマにお話されました。
お話頂いたそのままを文字にしたとても貴重な内容を自費研メンバーズの皆様だけに数回に分けて公開させて頂きます。今回はその最終回“Vol.3”をお届けします。

歯科ラジオ 歯科とお金の歴史・3つのターニングポイント
presented by日本歯科新聞社×歯科ラジオ

㈱日本歯科新聞社 月刊『アポロニア21』編集長 水谷 惟紗久 氏
歯学博士 医療法人社団にこにこすまいる 理事長 山本 達也 先生

10月16日(土)・17日(日)開催 自費研フェスティバル2021 において

Vol.1はコチラ
Vol.2はコチラ

「デンティスト」が受験しなかったワケ

水谷編集長:
なんか200年経ってもそんなに変わらないのかなと思ったりします。
さて、ここから一つの問題に入ります。今世界中で歯科医師は、医者とほぼ別個に扱われています。たとえば中国は、デンティストじゃなくて口腔医を医者として捉えているんですが、では中国は口腔医学院で医者を育てているのか、もしくは医学部で歯科医師を育てているのかといったらそんなことはないわけです。カリキュラムから組織から全部違うんだけれど、そういうのは何でなんだろうと色々な人から聞かれます。それについてちょっと考えてみたいんですが、この世界で最初の歯科医師国家試験というのは、1860年にイギリスの公立外科協会が国家試験をやったというものです。つまり、これは外科医の資格のあるデンティストが43名いたということですけれど、実は大多数のデンティストは受験しなかったんですね。これは何故なんでしょう?

自費研Onlineはメンバーズ登録無料

この記事は自費研メンバーズ限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

自費研の最新情報をSNSでお知らせ

自費研カタログ関連商品

自費研カタログ関連商品はありません

この商品の関連記事

関連記事はありません

自費研の最新情報をSNSでお知らせ
自費研アプリで読む

セミナー・イベント

一覧

カタログ

一覧

求人

一覧

自費研VIDEO

一覧

無料資料ダウンロード
自費研オンライン顧問s
IVC for Cancer Program公式 心とからだにやさしいがん治療・予防プログラム
特別な医師と新しい治療法が見つかる医療情報サイト

自費研メンバーズ(無料)登録

メールアドレスで登録
※パスワードは8文字以上20文字以内で入力してください。
使用できる文字は半角英数字と記号 ! $ % & * + - / = _ ` { | } . # @です。

メールが届かない場合について

Facebookで新規登録 Facebookで新規登録

Facebook登録、ログインができない方はこちらをご覧ください

メンバーズ特典
記事の無料購読とクリップ
セミナーが無料又は優待価格
自費診療カタログの一括資料請求

パスワードをお忘れの方

メールアドレス

ご登録したメールアドレスを入力ください。パスワードを再設定するためのURLをお送りいたします。

パスワードをお忘れの方

パスワードを再設定するためのURLをお送りしました。24時間以内にパスワードの再設定を行って下さい。

Clipを上書きしてもよろしいですか?

すでにPickしたことがあるニュースです。
再度Pickするとコメントが上書きされます。

Clipを削除してもよろしいですか?

Clipを削除すると元に戻すことは出来ません。