「免疫チェックポイント阻害薬」でコロナ重症化の可能性

「免疫チェックポイント阻害薬」でコロナ重症化の可能性

2020.07.29

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

手術、化学療法、放射線に次いで「がん治療第4の柱」として注目されている「免疫チェックポイント阻害薬(ICI)」。米メルクの「キイトルーダ」や小野薬品工業の「オプジーボ」などがあるが、6月24日に医学誌ネイチャー・メディシンに掲載された論文の中でこれらのICIが新型コロナウィルス感染症の重症化リスクを高める可能性があると発表された。

正常な免疫機能は体内に異物が侵入するとそれを排除しようとするが、がん細胞は免疫機能を阻害して体内にがん細胞を増殖させる。ICIはがん細胞のこの働きを阻止し、免疫機能に本来の機能を取り戻させることでがん細胞を攻撃させることを目的とした治療薬だ。

自費研Onlineはメンバーズ登録無料

この記事は自費研メンバーズ限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

自費研の最新情報をSNSでお知らせ

自費研カタログ関連商品

自費研カタログ関連商品はありません

この商品の関連記事

関連記事はありません

自費研の最新情報をSNSでお知らせ
自費研アプリで読む

セミナー・イベント

一覧

カタログ

一覧

求人

一覧

自費研VIDEO

一覧

無料資料ダウンロード
コンサルティング
自費研オンライン顧問s
IVC for Cancer Program公式 心とからだにやさしいがん治療・予防プログラム

自費研メンバーズ(無料)登録

メールアドレスで登録

メールが届かない場合について

Facebookで新規登録 Facebookで新規登録

Facebook登録、ログインができない方はこちらをご覧ください

メンバーズ特典
記事の無料購読とクリップ
セミナーが無料又は優待価格
自費診療カタログの一括資料請求

パスワードをお忘れの方

メールアドレス

ご登録したメールアドレスを入力ください。パスワードを再設定するためのURLをお送りいたします。

パスワードをお忘れの方

パスワードを再設定するためのURLをお送りしました。24時間以内にパスワードの再設定を行って下さい。

Clipを上書きしてもよろしいですか?

すでにPickしたことがあるニュースです。
再度Pickするとコメントが上書きされます。

Clipを削除してもよろしいですか?

Clipを削除すると元に戻すことは出来ません。