1

乳腺外科医裁判 無罪判決から一転、懲役2年の有罪に

乳腺外科医裁判 無罪判決から一転、懲役2年の有罪に

2020.07.16

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

手術後の患者に対してわいせつ行為をしたとして、逮捕・起訴されていた乳腺外科医の控訴審で、東京高裁は懲役2年の有罪判決を言い渡した。
2020年2月に東京地裁が下した無罪判決から一転、有罪となったことに対して、医師側は不服を申し立て即日上告している。

事件の経緯、争点は…

事件は2016年5月、乳腺を摘出する手術を受けた女性患者が、執刀医師から術後にわいせつな行為をされたとして警視庁へ訴えたことに端を発する。
患者は4人部屋のカーテンで仕切られたベッドの上で、医師から「乳房をもまれたり、舐められたりした」と主張。警察が到着するまで誰にも胸を触らせず、警察官がガーゼで患者の胸を拭きとったという。

事件の争点となったのは、「検察側が提出した証拠の不透明性」と「術後せん妄」の2点であった。

自費研Onlineはメンバーズ登録無料

この記事は自費研メンバーズ限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

自費研の最新情報をSNSでお知らせ

自費研カタログ関連商品

自費研カタログ関連商品はありません

この商品の関連記事

関連記事はありません

自費研の最新情報をSNSでお知らせ
自費研アプリで読む

セミナー・イベント

一覧

カタログ

一覧

求人

一覧

自費研VIDEO

一覧

無料資料ダウンロード
コンサルティング
自費研オンライン顧問s
IVC for Cancer Program公式 心とからだにやさしいがん治療・予防プログラム

自費研メンバーズ(無料)登録

メールアドレスで登録

メールが届かない場合について

Facebookで新規登録 Facebookで新規登録

Facebook登録、ログインができない方はこちらをご覧ください

メンバーズ特典
記事の無料購読とクリップ
セミナーが無料又は優待価格
自費診療カタログの一括資料請求

パスワードをお忘れの方

メールアドレス

ご登録したメールアドレスを入力ください。パスワードを再設定するためのURLをお送りいたします。

パスワードをお忘れの方

パスワードを再設定するためのURLをお送りしました。24時間以内にパスワードの再設定を行って下さい。

Clipを上書きしてもよろしいですか?

すでにPickしたことがあるニュースです。
再度Pickするとコメントが上書きされます。

Clipを削除してもよろしいですか?

Clipを削除すると元に戻すことは出来ません。