• ホーム
  • 経営
  • クリニックを強くする人材マネジメントのツボ
クリニックを強くする人材マネジメントのツボ

クリニックを強くする人材マネジメントのツボ

2017.11.15

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

知らないと痛い目にあうスタッフの残業代対策。法に則った環境整備5つのツボ

  • ・ スタッフが時間外労働をした場合、クリニックは残業代を払う必要がある
  • ・ 給与設定を基本給+固定残業代とすることで、一定時間までの残業代をインクルードできる
  • ・ 始業前の準備も基本的には労働時間に含まれるべき。長時間にならないように注意する
  • ・ タイムカードの押し方を指導することで不用意な残業代を減らせる
  • ・ 歩合制の場合でも、労働時間外は25%以上の割増賃金となる

 

つい後回しにしがちだが、実は大変な起爆剤となりえる「スタッフの残業代問題」。残業代が欲しいと訴えるスタッフに、“給与に含まれているから”などと安易に発言したりしていないだろうか? もし事実でない場合、ある日突然、労働基準監督署からの通達を受け、面倒な事態に巻き込まれてしまう可能性がある。

「医師は、残業代なしの長時間勤務が当たり前の世界にいらっしゃるので、つい皆も同様と考えてしまいがちです。しかし、スタッフに残業をさせた場合は、いかなる理由があろうとも残業代を払う必要があります」と話すのは、クリニック経営に詳しい、辻・本郷 税理士事務所の社会険労務士である玉置千奈津さん。

自費研カタログ関連商品

自費研カタログ関連商品はありません

セミナー・イベント

一覧

カタログ

一覧

求人

一覧

無料資料ダウンロード
コンサルティング
自費研オンライン顧問s

自費研メンバーで(無料)登録

メンバーズ特典
記事の無料購読とクリップ
セミナーが無料又は優待価格
自費診療カタログの一括資料請求

Facebookで新規登録 Facebookで新規登録

メールアドレスで登録

メールが届かない場合について

パスワードをお忘れの方

メールアドレス

ご登録したメールアドレスを入力ください。パスワードを再設定するためのURLをお送りいたします。

パスワードをお忘れの方

パスワードを再設定するためのURLをお送りしました。24時間以内にパスワードの再設定を行って下さい。

Clipを上書きしてもよろしいですか?

すでにPickしたことがあるニュースです。
再度Pickするとコメントが上書きされます。

Clipを削除してもよろしいですか?

Clipを削除すると元に戻すことは出来ません。