• ホーム
  • ニュース
  • あるようで無かった、正しく役に立つ「医学脱毛の本」。 医療法人愛誠会 つかはらクリニック 院長 塚原孝浩先生インタビュー
あるようで無かった、正しく役に立つ「医学脱毛の本」。 医療法人愛誠会 つかはらクリニック 院長 塚原孝浩先生インタビュー

あるようで無かった、正しく役に立つ「医学脱毛の本」。 医療法人愛誠会 つかはらクリニック 院長 塚原孝浩先生インタビュー

2021.11.01

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医療脱毛で多くの実績をお持ちの塚原孝浩先生が「よくわかる医療脱毛―テクニックとトラブル対応―」をご執筆なさいました。塚原先生だけでなく、日本医学脱毛学会の理事の先生を始め、各分野で活躍されている著名な先生方の寄稿で構成されているこのご著書についてインタビューいたしました!

実際に役立つ“羅針盤となる脱毛の教科書”を作ろう

――初めに、今回のご著書執筆にあたりコンセプトやテーマをお聞かせ頂けたらと思います。
これだけ医療脱毛が増えている中で、今まで医療脱毛に特化した教科書がほとんどなかったんです。それなら、『医学脱毛をベースとした羅針盤となる教科書を作ろう』というのがまずコンセプトとしてありました。
これからは、基礎知識をベースにしたしっかりした技術や施術によって、競合との差別化やそれぞれのクリニックの立ち位置に沿った戦略が必要な時代です。そこで今回、医師からパラメディカル の方を対象に、正しい脱毛の情報を中心に、特化した経営や法律の情報など、日本医学脱毛学会の理事の先生方と各分野のエキスパートの方々にご協力をいただいて本を完成させました。

――ご著書を拝見すると、写真が多く色分けされ文字もとても読みやすく感じました。工夫された点や、内容についてお話しください。
まず、各メーカーさんにマシンごとの初期設定を出してもらいました。例えば、部位ごとのジュールや口径・パルス幅など、具体的に患者さんに打つ時のメーター、メルクマールを出してもらいました。これは、経験値の少ない人でもこの教科書を開いて『ああ、こう始めているんだ』とか、『他ではどうしているのかな』という一つの基準になるような具体的な内容が載せてあるので、すぐに役立つと思っています。
今まで機械のスペック紹介はとても多いですが、実践的な機械ごとの数値を書いている本は、多分他にはないと思います。

――確かに、今までになかった視点ですね。こちらは現場の医師や看護師さんからそういうご要望を頂いたのでしょうか。
いえいえ、それは僕のお節介(笑)。でも、基準となる数値があれば拠所になりますよね。例えば小さなクリニックさんとか、看護師さんが一人でやっている方々にとっても、基準値があれば大きな間違いは起こさず安全な施術に繋がりますよね。

多くの情報が溢れている中、医学をベースにした脱毛の知識を知ることが「羅針盤」に

――次に先生が一番注力されたこと、伝えたかったことがあればお聞かせください。
「医療脱毛・医学脱毛」がどういうものなのか出来るだけ正確に伝えるために、脱毛の種類によって、蓄熱脱毛のお話しは有川先生、針脱毛は堀内先生、一般的なレーザー脱毛は僕が書かせてもらっています。
今、SNSとかネット上で間違った情報がたくさん溢れていて、その間違った情報を正しいと思ってお客さまに伝えてしまう施術者も多いんです。だから一番は、医療従事者に限らずエステの方にも、医学をベースにした脱毛のことを正しく知ってもらいたいと思っています。非常に勉強になると思いますから。
こうした意味でも、より正しく医学脱毛の実態を伝えるのがこの本の一番のコンセプトになると思います。

――他にも、経営や法律的なことまでカバーされています。医療従事者の方々はマーケティングや販促といった事例はどのようにインプットなさっているのでしょう。
おそらく、美容医療全体に関するセミナーとかはあると思いますが、脱毛に特化した具体的な法律とかマーケティングのセミナーや書籍はないので、必要な事はほとんど自分で集めていかなければなりません。今回、その方面のエキスパートが経営や法律を紐づけて解説してくださっていて、トラブルや危機回避に非常に役に立つ内容だと思っています。

――やはり、クレーム回避やトラブルがあった時に役立つのでしょうか。
そうです。今回僕はコラムには書きませんでしたが、18年やって来て一度だけ弁護士さんにお願いしたことがありました。男性のヒゲ脱毛でまだらになって格好悪いということになり、話し合いでは解決できませんでした。弁護士さんに動いてもらったのは、この男性ヒゲ脱毛のまだら事件の1件だけです。
テクニック的なトラブルだったら、医者ですからフォローできるし、その後の治療過程で共通認識としてお互い理解できるところがあるんです。このヒゲ脱毛まだら事件のような感覚的な部分になると、落とし処がないので話し合いが平行線になることが多い。そういう時に、法律的なことは非常に重要になると思います。

――ありがとうございます。最後に、今後の展望を自費研会員の皆様にお話ください。
まとめると、これだけ医学脱毛が広まっているのに、指針となる本が少なかった。そこで、日本医学脱毛学会の理事の先生方や、各分野のエキスパートの先生方と協力し合って、「やさしい医療脱毛」の本が完成しました。これでやっと一つの形が見えてきました。
正直、自分の意見だけになると偏った部分もあるはずで、まだまだ未熟なところもあると思っています。これから、この本を皮切りに「医学脱毛」の議論、医学脱毛についてのディスカッションのスタートだと思っています。そのような中で、新たな研究も進むのではないでしょうか。
今、発毛の研究が目覚ましく発展しています。研究が進み、脱毛もそれに応じて合理的、効率的にできるはずです。将来的には「毛」という括りで、発毛と脱毛を同様に考察するなど、この本をきっかけに、もっと医学脱毛に関する深掘りが出来ると有意義ですね。

よくわかる医療脱毛ーテクニックとトラブル対策ー
出版社:克誠堂出版
著者:塚原孝浩
発行年:2021年

【ご経歴】
塚原孝浩(つかはらたかひろ)

•1987年 福井医科大学(現:福井大学医学部)卒業
•同年 近畿大学医学部附属病院形成外科入局
•2004年 つかはら美容外科形成外科クリニック開業
•2014年 医療法人愛誠会 設立『つかはらクリニック』に改名
•2017年 あべのハルカス22階医療モールにクリニック移転
•医学博士 / 形成外科専門医 / 救命救急専門医/日本医学脱毛学会理事

自費研カタログ関連商品

自費研カタログ関連商品はありません

この商品の関連記事

関連記事はありません

自費研の最新情報をSNSでお知らせ
自費研アプリで読む

セミナー・イベント

一覧

カタログ

一覧

スペシャルコンテンツ

一覧

求人

一覧

自費研VIDEO

一覧

無料資料ダウンロード
自費研オンライン顧問s
IVC for Cancer Program公式 心とからだにやさしいがん治療・予防プログラム
特別な医師と新しい治療法が見つかる医療情報サイト

自費研メンバーズ(無料)登録

メールアドレスで登録
※パスワードは8文字以上20文字以内で入力してください。
使用できる文字は半角英数字と記号 ! $ % & * + - / = _ ` { | } . # @です。

メールが届かない場合について

Facebookで新規登録 Facebookで新規登録

Facebook登録、ログインができない方はこちらをご覧ください

メンバーズ特典
記事の無料購読とクリップ
セミナーが無料又は優待価格
自費診療カタログの一括資料請求

パスワードをお忘れの方

メールアドレス

ご登録したメールアドレスを入力ください。パスワードを再設定するためのURLをお送りいたします。

パスワードをお忘れの方

パスワードを再設定するためのURLをお送りしました。24時間以内にパスワードの再設定を行って下さい。

Clipを上書きしてもよろしいですか?

すでにPickしたことがあるニュースです。
再度Pickするとコメントが上書きされます。

Clipを削除してもよろしいですか?

Clipを削除すると元に戻すことは出来ません。