• ホーム
  • ニュース
  • 1,000万人以上を悩ませる便秘。待望のガイドライン整備で治療の質向上に期待
1,000万人以上を悩ませる便秘。待望のガイドライン整備で治療の質向上に期待

1,000万人以上を悩ませる便秘。待望のガイドライン整備で治療の質向上に期待

2017.11.14

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1,000万人以上を悩ませる便秘。待望のガイドライン整備で治療の質向上に期待|自費研online

 

高齢者を中心に、いまや1,000万人以上を悩ませている慢性便秘だが、個人差が大きいため、これまで診断や治療に関する明確な指針がなかった。

しかしながら、日本消化器病学会関連研究会 慢性便秘の診断・治療研究会が発刊した『慢性便秘症診断ガイドライン2017』より、新たに便秘の定義が定められるとともに診断・治療のガイドラインも掲載。診療に当たる医師らのコンセンサスが図られると期待されている。

新たな便秘の定義は

「本来体外に排出すべき糞便を十分量かつ快適に排出できない状況」。便秘症は、「便秘による症状が現れ、検査や治療を必要とする場合であり、その症状として排便回数減少によるもの(腹痛、腹部膨満感など)、硬便によるもの(排便困難、過度の怒責など)と便排出障害によるもの(軟便でも排便困難、過度の怒責、残便感とそのための頻回便など)がある」とされた。

自費研カタログ関連商品

自費研カタログ関連商品はありません

セミナー・イベント

一覧

カタログ

一覧

求人

一覧

無料資料ダウンロード
コンサルティング
自費研M&A
自費研オンライン顧問s

自費研メンバーで(無料)登録

メンバーズ特典
記事の無料購読とクリップ
セミナーが無料又は優待価格
自費診療カタログの一括資料請求

Facebookで新規登録 Facebookで新規登録

メールアドレスで登録

メールが届かない場合について

パスワードをお忘れの方

メールアドレス

ご登録したメールアドレスを入力ください。パスワードを再設定するためのURLをお送りいたします。

パスワードをお忘れの方

パスワードを再設定するためのURLをお送りしました。24時間以内にパスワードの再設定を行って下さい。

Clipを上書きしてもよろしいですか?

すでにPickしたことがあるニュースです。
再度Pickするとコメントが上書きされます。

Clipを削除してもよろしいですか?

Clipを削除すると元に戻すことは出来ません。