書評:「安倍政権の医療・社会保障改革」二木立 勁草書房

書評:「安倍政権の医療・社会保障改革」二木立 勁草書房

2020.11.09

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

憲政史上最長を誇った第2次安倍政権は、どのような医療政策を企図していたのだろうか?
当時の予測をもとに、この7年8ヶ月を振り返る。

2020年9月16日に突然幕を閉じた第二次安倍政権。
専門医制度改革や医学部新設、オンライン診療に代表される規制改革など、政権がこれまでに行ったさまざまな政策の評価が定まるのは、もう数年ほど後になるだろう。

この7年8ヶ月の在任期間のうち、医療業界で最も激しい騒動につながった出来事は、2011年から本格化したTPPをめぐる議論だろう。
当時、雑誌には「TPPに日本の医療が壊される」「株式会社が医療参入することで営利化が加速」「貧富差による健康格差社会が到来する」といった、皆保険制度の崩壊を予測する特集が相次いで組まれた。

日本医師会など主要四団体は軒並みTPPに反対の論陣を張り、開業医たちは激しい競争原理にさらされるのではないかと戦々恐々としていた。
結果的にアメリカ側が「日本の医療に民営化を求めるものではない」と明言したことで議論は収束していったが、このとき指摘された多くの課題が解決されたわけではない。

本書は、そうした議論が激しく戦わされていた2013年に「これから来る第二次安倍政権がどのような医療政策を行うか?」を予測分析したものである。
著者は医療経済・政策を専門とする前日本福祉大学学長の二木 立 氏。

自費研Onlineはメンバーズ登録無料

この記事は自費研メンバーズ限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

自費研の最新情報をSNSでお知らせ

自費研カタログ関連商品

自費研カタログ関連商品はありません

自費研の最新情報をSNSでお知らせ
自費研アプリで読む

セミナー・イベント

一覧

カタログ

一覧

求人

一覧

自費研VIDEO

一覧

無料資料ダウンロード
コンサルティング
自費研オンライン顧問s
IVC for Cancer Program公式 心とからだにやさしいがん治療・予防プログラム
特別な医師と新しい治療法が見つかる医療情報サイト

自費研メンバーズ(無料)登録

メールアドレスで登録

メールが届かない場合について

Facebookで新規登録 Facebookで新規登録

Facebook登録、ログインができない方はこちらをご覧ください

メンバーズ特典
記事の無料購読とクリップ
セミナーが無料又は優待価格
自費診療カタログの一括資料請求

パスワードをお忘れの方

メールアドレス

ご登録したメールアドレスを入力ください。パスワードを再設定するためのURLをお送りいたします。

パスワードをお忘れの方

パスワードを再設定するためのURLをお送りしました。24時間以内にパスワードの再設定を行って下さい。

Clipを上書きしてもよろしいですか?

すでにPickしたことがあるニュースです。
再度Pickするとコメントが上書きされます。

Clipを削除してもよろしいですか?

Clipを削除すると元に戻すことは出来ません。