PCR検査、相談目安見直しへ

PCR検査、相談目安見直しへ

2020.05.11

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PCR検査の実施件数が伸び悩んでいる。政府が4日に開いた専門家会議では、国内のPCR検査数が諸外国と比較し少ないことや、体制の不十分さが議題に挙げられた。検査の必要性を判断する相談センターへの相談目安が見直されるというが、問題解決につながるのだろうか。

相談目安「37.5度」の明記削除へ

新型コロナウイルスへの感染が疑われる場合、まずは各都道府県の保健所に設置された「帰国者・接触者相談センター」へ電話連絡、相談内容に応じて専門外来の受診を促し、PCR検査を実施する流れになる。2月に公表された相談の目安は、「37.5度以上の発熱が4日以上続いた場合」というもの。濃厚接触者を重点的に検査することで、医療崩壊を防ぎたい狙いがあったが、自宅待機中の急な重症化や、亡くなる感染者の例がでていたことから、批判が相次いでいた。
専門家会議で見直された新たな案については、「高熱」の明確な数値基準をなくし、高齢者のほかに基礎疾患のある人や妊婦は比較的軽症であっても相談できるようになるという。

京都市の独自検査基準

自費研Onlineはメンバーズ登録無料

この記事は自費研メンバーズ限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

自費研の最新情報をSNSでお知らせ

自費研カタログ関連商品

自費研カタログ関連商品はありません

自費研の最新情報をSNSでお知らせ
自費研アプリで読む

セミナー・イベント

一覧

カタログ

一覧

求人

一覧

無料資料ダウンロード
コンサルティング
自費研オンライン顧問s

自費研メンバーズ(無料)登録

メールアドレスで登録

メールが届かない場合について

Facebookで新規登録 Facebookで新規登録

Facebook登録、ログインができない方はこちらをご覧ください

メンバーズ特典
記事の無料購読とクリップ
セミナーが無料又は優待価格
自費診療カタログの一括資料請求

パスワードをお忘れの方

メールアドレス

ご登録したメールアドレスを入力ください。パスワードを再設定するためのURLをお送りいたします。

パスワードをお忘れの方

パスワードを再設定するためのURLをお送りしました。24時間以内にパスワードの再設定を行って下さい。

Clipを上書きしてもよろしいですか?

すでにPickしたことがあるニュースです。
再度Pickするとコメントが上書きされます。

Clipを削除してもよろしいですか?

Clipを削除すると元に戻すことは出来ません。