3

進化する新型コロナの検査技術 PCRと抗体検査

進化する新型コロナの検査技術 PCRと抗体検査

2020.04.14

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「検査を受けたくても受けられない…。」
PCRを用いた新型コロナウイルスの検査は時間と労力を要することから、一定条件を満たしていないと受けることが難しい。そういった状況を打破するため、国や企業は検査時間短縮のための研究や簡易検査キットの研究などを進めている。

PCR検査と抗体検査

新型コロナウイルスに感染しているかどうかを調べる検査は、大きくPCR検査と抗体検査の2種類がある。PCR検査はインフルエンザの検査同様、医療従事者により綿棒などで鼻の奥の粘液を採取し、検査時点でウイルスが体内に存在するかどうかを調べている。
一方、抗体検査は微量の血液を採取し、過去も含めウイルスに感染したことがあるのかを調べるものとなる。

PCR検査の時間短縮のために

自費研Onlineはメンバーズ登録無料

この記事は自費研メンバーズ限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

自費研の最新情報をSNSでお知らせ

自費研カタログ関連商品

自費研カタログ関連商品はありません

自費研の最新情報をSNSでお知らせ
自費研アプリで読む

セミナー・イベント

一覧

カタログ

一覧

求人

一覧

無料資料ダウンロード
コンサルティング
自費研オンライン顧問s

自費研メンバーズ(無料)登録

メールアドレスで登録

メールが届かない場合について

Facebookで新規登録 Facebookで新規登録

Facebook登録、ログインができない方はこちらをご覧ください

メンバーズ特典
記事の無料購読とクリップ
セミナーが無料又は優待価格
自費診療カタログの一括資料請求

パスワードをお忘れの方

メールアドレス

ご登録したメールアドレスを入力ください。パスワードを再設定するためのURLをお送りいたします。

パスワードをお忘れの方

パスワードを再設定するためのURLをお送りしました。24時間以内にパスワードの再設定を行って下さい。

Clipを上書きしてもよろしいですか?

すでにPickしたことがあるニュースです。
再度Pickするとコメントが上書きされます。

Clipを削除してもよろしいですか?

Clipを削除すると元に戻すことは出来ません。