• ホーム
  • ニュース
  • ダーモカメラからAI診断まで カシオが目指す医療分野展開とは
ダーモカメラからAI診断まで カシオが目指す医療分野展開とは

ダーモカメラからAI診断まで カシオが目指す医療分野展開とは

2020.04.07

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皮膚科領域において、色素性皮膚疾患の診断に重要な位置を占めるダーモスコピー検査。利活用の可能性は皮膚科領域にとどまらない。形成外科ではレーザー治療前の撮影に用いるなど、他科目応用も期待できる。コンシューマー向けコンパクトデジタルカメラ事業から撤退したカシオ計算機が、その技術資産を活かし、開発・発売した「ダーモカメラ『DZ-D100』」は、一般医療機器(クラスⅠ)、特定保守管理医療機器である皮膚科医向けカメラ。開発チームのイメージング開発部 第三開発室 室長の小甲大介氏、DC企画推進部 主幹の時谷泰弘氏、同部の林由也氏に開発秘話や今後の展望を伺った。

コンデジ事業撤退から医療機器製造認可取得まで

カシオがコンシューマー向けコンデジ事業撤退を発表したのが、2018年5月。実はそれより以前、2015年から皮膚科医向けのダーモスコピー学習用サービスの展開をスタートさせていた。「カシオで専用カメラを作ってみたら?」サービス展開をしていくなかで医師たちからこのような声があがってくるようになり、皮膚科医向け専用機に対するニーズがあると確信した。グループ会社の山形カシオが医療機器の製造販売業/製造業を取得し、生産を行っている。

医療現場での「最適化」にこだわった設計

自費研Onlineはメンバーズ登録無料

この記事は自費研メンバーズ限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

自費研の最新情報をSNSでお知らせ

自費研カタログ関連商品

自費研カタログ関連商品はありません

自費研の最新情報をSNSでお知らせ
自費研アプリで読む

セミナー・イベント

一覧

カタログ

一覧

求人

一覧

無料資料ダウンロード
コンサルティング
自費研オンライン顧問s

自費研メンバーズ(無料)登録

メールアドレスで登録

メールが届かない場合について

Facebookで新規登録 Facebookで新規登録

Facebook登録、ログインができない方はこちらをご覧ください

メンバーズ特典
記事の無料購読とクリップ
セミナーが無料又は優待価格
自費診療カタログの一括資料請求

パスワードをお忘れの方

メールアドレス

ご登録したメールアドレスを入力ください。パスワードを再設定するためのURLをお送りいたします。

パスワードをお忘れの方

パスワードを再設定するためのURLをお送りしました。24時間以内にパスワードの再設定を行って下さい。

Clipを上書きしてもよろしいですか?

すでにPickしたことがあるニュースです。
再度Pickするとコメントが上書きされます。

Clipを削除してもよろしいですか?

Clipを削除すると元に戻すことは出来ません。