世界初のiPS角膜移植 阪大研究チームが発表

世界初のiPS角膜移植 阪大研究チームが発表

2019.09.02

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大阪大学は29日、iPS細胞から角膜の細胞を作り、患者への移植を行ったと発表した。iPS細胞由来の角膜細胞を患者に移植したのは、これが世界初となる。

臨床研究は西田幸二教授主導で進められた。京都大学から提供を受けたiPS細胞を角膜の細胞に変化させ、厚さ0.03~0.05ミリのシート状に加工したものを切り取り移植した。

今回移植を受けたのは40代の女性患者。角膜が濁り視力が低下する「角膜上皮幹細胞疲弊症」だった。手術は7月25日に行われ、女性は8月23日に退院。ほぼ失明状態にあった視力が、現在は文字が読める程度に回復しているという。
今後は免疫抑制剤を投与しながら、経過を観察、安全性について調べていく。

研究チームは年内に2例目、来年に2例の実施を予定しており、5年後をめどに実用化を目指す。これまで有効とされてきた角膜移植には、ドナー不足や移植後の拒絶反応などの課題があった。今回の治療が一般提供可能となれば、治療の選択肢を拡げることとなるだろう。

自費研カタログ関連商品

自費研カタログ関連商品はありません

自費研の最新情報をSNSでお知らせ
自費研アプリで読む

セミナー・イベント

一覧

カタログ

一覧

求人

一覧

自費研VIDEO

一覧

無料資料ダウンロード
コンサルティング
自費研オンライン顧問s
IVC for Cancer Program公式 心とからだにやさしいがん治療・予防プログラム

自費研メンバーズ(無料)登録

メールアドレスで登録

メールが届かない場合について

Facebookで新規登録 Facebookで新規登録

Facebook登録、ログインができない方はこちらをご覧ください

メンバーズ特典
記事の無料購読とクリップ
セミナーが無料又は優待価格
自費診療カタログの一括資料請求

パスワードをお忘れの方

メールアドレス

ご登録したメールアドレスを入力ください。パスワードを再設定するためのURLをお送りいたします。

パスワードをお忘れの方

パスワードを再設定するためのURLをお送りしました。24時間以内にパスワードの再設定を行って下さい。

Clipを上書きしてもよろしいですか?

すでにPickしたことがあるニュースです。
再度Pickするとコメントが上書きされます。

Clipを削除してもよろしいですか?

Clipを削除すると元に戻すことは出来ません。