輸入サプリに医薬品成分、都が注意喚起

輸入サプリに医薬品成分、都が注意喚起

2019.08.29

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京都は22日、健康食品による健康被害の未然防止のための製品試売調査・成分検査で、医薬品成分を含む健康食品を販売していた事業者に、販売中止および回収を指示し、関係団体への注意喚起を行ったことを明らかにした。

同福祉保健局の発表によると、ジャパンサプリ通販店(東京都江戸川区)が販売する健康食品「DOUBLE LINK ダブルリンク」から、1錠中に医薬品成分「アミノタダラフィル」を37mg、「クロロプレタダラフィル」を1.02mg、「イカリイン」を0.32mg、「マグノフロリン」を0.22mg検出したという。

「アミノタダラフィル」と「クロロプレタダフィル」は、勃起不全治療剤の医薬品として承認されている「タダラフィル」の類似化合物質で、これらを含有した医薬品の国内販売は承認されていない。また、医薬品と類似の作用を有することが考えられ、血管拡張、頭痛、動悸ほてり、胃炎、めまいなどが副作用として生じる可能性が否定できない。
「イカリイン」と「マグノフロリン」は、滋養強心作用をもつ生薬として、医薬品に配合されている。

健康食品において医薬品成分を含有するものは医薬品とみなされ、厚生労働大臣の承認を受けずに製造販売することは、「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」に抵触する。これまでに健康被害の報告はないが、28日時点でジャパンサプリのサイトから、商品ページは削除されていない。

自費研カタログ関連商品

自費研カタログ関連商品はありません

自費研の最新情報をSNSでお知らせ
自費研アプリで読む

セミナー・イベント

一覧

カタログ

一覧

求人

一覧

自費研VIDEO

一覧

無料資料ダウンロード
コンサルティング
自費研オンライン顧問s

自費研メンバーズ(無料)登録

メールアドレスで登録

メールが届かない場合について

Facebookで新規登録 Facebookで新規登録

Facebook登録、ログインができない方はこちらをご覧ください

メンバーズ特典
記事の無料購読とクリップ
セミナーが無料又は優待価格
自費診療カタログの一括資料請求

パスワードをお忘れの方

メールアドレス

ご登録したメールアドレスを入力ください。パスワードを再設定するためのURLをお送りいたします。

パスワードをお忘れの方

パスワードを再設定するためのURLをお送りしました。24時間以内にパスワードの再設定を行って下さい。

Clipを上書きしてもよろしいですか?

すでにPickしたことがあるニュースです。
再度Pickするとコメントが上書きされます。

Clipを削除してもよろしいですか?

Clipを削除すると元に戻すことは出来ません。