• ホーム
  • ニュース
  • 「ヒアルロン酸ががんの発症や進行を促す」東大研究チームが発表

1

「ヒアルロン酸ががんの発症や進行を促す」東大研究チームが発表

「ヒアルロン酸ががんの発症や進行を促す」東大研究チームが発表

2019.05.17

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

美容医療に欠かせないヒアルロン酸。そのヒアルロン酸が、がんの発症・進行に対して影響を与えることが、東京大学大学院医学系研究科の畠山昌則教授らによる研究グループによって発見された。以前より、ヒアルロン酸にはがん化を抑える効果があると言われていたのだが、今回がんの発症や進行を促すという真逆の作用も持ち合わせることが明らかになったのである。

がんに対して真逆の効果をもたらすヒアルロン酸

今回明らかになったのは、ヒアルロン酸の分子サイズの大小によって、がんに対する作用が真逆なものになるということである。分子の大きなヒアルロン酸(高分子量ヒアルロン酸)は、細胞内シグナル経路であるHippoシグナル経路を活性化させることで、がんの抑制効果をもたらしている。
一方、体内で炎症などを起こしている病的組織では、ヒアルロン酸分解酵素“HYAL2”(※1)が発生し、高分子量ヒアルロン酸は分子の小さなヒアルロン酸(低分子量ヒアルロン酸)へと分解される。そして分解された低分子量ヒアルロン酸は、Hippoシグナルの不活化を促してしまうため、がんの発症や進行を進めてしまうのだという。分子の大小によって、全く逆の作用が確認されたのだ。
つまり美容目的で注入されたヒアルロン酸が、分解されてしまい、がんを促進する可能性があるということなのである。
(※1)HYAL2
ヒアルロン酸の分解酵素。細胞外に存在するサイズの大きなヒアルロン酸(高分子量ヒアルロン酸:分子量100万以上)を低分子量ヒアルロン酸へと分解する。

がんの発症・進行に影響を与えるHippoシグナル

今回ポイントとしてあげられているHippoシグナルとは、細胞内シグナル伝達経路のことで、正常な細胞のがん化を防ぐシグナル伝達系として注目を集めている。
また、正常な細胞のがん化を防ぐと同時に、細胞の免疫原生を抑制する作用もあるため、腫瘍の増殖を抑制する効果もあるという。
低分子量ヒアルロン酸は、その作用を不活化してしまうため、がんの発症・進行を進めてしまうことに繋がるのである。
活性化変異が細胞の過増殖に起因する「カバの皮膚(Hippopotamus)」に似た表現型を示すことから、Hippoシグナルと呼ばれている。

自費研カタログ関連商品

自費研カタログ関連商品はありません

セミナー・イベント

一覧

カタログ

一覧

求人

一覧

無料資料ダウンロード
コンサルティング
自費研M&A
自費研オンライン顧問s

自費研メンバーで(無料)登録

メンバーズ特典
記事の無料購読とクリップ
セミナーが無料又は優待価格
自費診療カタログの一括資料請求

Facebookで新規登録 Facebookで新規登録

Facebook登録、ログインができない方はこちらをご覧ください

メールアドレスで登録

メールが届かない場合について

パスワードをお忘れの方

メールアドレス

ご登録したメールアドレスを入力ください。パスワードを再設定するためのURLをお送りいたします。

パスワードをお忘れの方

パスワードを再設定するためのURLをお送りしました。24時間以内にパスワードの再設定を行って下さい。

Clipを上書きしてもよろしいですか?

すでにPickしたことがあるニュースです。
再度Pickするとコメントが上書きされます。

Clipを削除してもよろしいですか?

Clipを削除すると元に戻すことは出来ません。