• ホーム
  • ニュース
  • 米FDA「若者の血液を輸血しても、老化防止などの効果はない」と警告
米FDA「若者の血液を輸血しても、老化防止などの効果はない」と警告

米FDA「若者の血液を輸血しても、老化防止などの効果はない」と警告

2019.03.22

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

米食品医薬品局(FDA)は、若者から採取した血液を輸血したとしても、健康維持や若返りの効果は無いどころか、危険性すらはらんでいるとした警告文を発表した。
若者の血を輸血するこの治療法は、血漿注入治療と言われており、老化や記憶力低下の予防、認知症やパーキンソン病、多発性硬化症、PTSDなどに効果があると謳われていた。

ハーバード大学のAmy Wagers博士らの研究チームは、2013年に「マウスは老化に伴い血液中の“GDF11”と呼ばれるたんぱく質が減少するが、若いマウスの“GDF11”を注入すると老化による心臓肥大が治まった」との論文を発表した。
この研究がヒトにも応用できないかと始まったのが血漿注入治療であるが、現在の研究では、応用段階にないことが、FDAによって発表されたのである。

セミナー・イベント

一覧

カタログ

一覧

求人

一覧

無料資料ダウンロード
コンサルティング
自費研M&A
自費研オンライン顧問s

自費研メンバーで(無料)登録

メンバーズ特典
記事の無料購読とクリップ
セミナーが無料又は優待価格
自費診療カタログの一括資料請求

Facebookで新規登録 Facebookで新規登録

Facebook登録、ログインができない方はこちらをご覧ください

メールアドレスで登録

メールが届かない場合について

パスワードをお忘れの方

メールアドレス

ご登録したメールアドレスを入力ください。パスワードを再設定するためのURLをお送りいたします。

パスワードをお忘れの方

パスワードを再設定するためのURLをお送りしました。24時間以内にパスワードの再設定を行って下さい。

Clipを上書きしてもよろしいですか?

すでにPickしたことがあるニュースです。
再度Pickするとコメントが上書きされます。

Clipを削除してもよろしいですか?

Clipを削除すると元に戻すことは出来ません。