• ホーム
  • ニュース
  • 医師、歯科医師20人が行政処分  医師3人は免許取り消し
医師、歯科医師20人が行政処分  医師3人は免許取り消し

医師、歯科医師20人が行政処分  医師3人は免許取り消し

2019.02.01

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1月30日、厚生労働省は医師13人と歯科医師7人の行政処分を決定した。そのうち医師3人は、それぞれ準強制わいせつ、覚せい剤取締法違反、麻薬及び向精神薬取締法違反を理由に、免許取り消し処分となった。

今回の行政処分では、再生医療安全性確保法違反に関しては初となる処分者がでた。
1人目は、表参道首藤クリニック院長で、厚生労働大臣に無許可で他人の臍帯血移植を行った罪に問われ、業務停止1年の処分。
もう1人は、大阪タワークリニック院長で、こちらも無許可での臍帯血投与を行ったとして、業務停止4か月の処分を言い渡された。

今回発表された医師、歯科医師の処分は次の通り。

【医師】
免許取り消し   3人
業務停止2年   1人
業務停止1年   2人
業務停止10か月 2人
業務停止4か月  1人
業務停止3か月  1人
業務停止1か月  2人
戒告  1人
厳重注意  4人

【歯科医師】
業務停止3か月  4人
戒告  3人 

自費研カタログ関連商品

自費研カタログ関連商品はありません

この商品の関連記事

関連記事はありません

セミナー・イベント

一覧

カタログ

一覧

求人

一覧

無料資料ダウンロード
コンサルティング
自費研M&A
自費研オンライン顧問s

自費研メンバーで(無料)登録

メンバーズ特典
記事の無料購読とクリップ
セミナーが無料又は優待価格
自費診療カタログの一括資料請求

Facebookで新規登録 Facebookで新規登録

※一時的にFacebookでの登録ができなくなっております。お手数をおかけし恐縮でございますが、メールアドレスとパスワードでの登録をお願いいたします。

メールアドレスで登録

メールが届かない場合について

パスワードをお忘れの方

メールアドレス

ご登録したメールアドレスを入力ください。パスワードを再設定するためのURLをお送りいたします。

パスワードをお忘れの方

パスワードを再設定するためのURLをお送りしました。24時間以内にパスワードの再設定を行って下さい。

Clipを上書きしてもよろしいですか?

すでにPickしたことがあるニュースです。
再度Pickするとコメントが上書きされます。

Clipを削除してもよろしいですか?

Clipを削除すると元に戻すことは出来ません。