なぜ乳腺外科医裁判を有罪にしてはいけないのか

なぜ乳腺外科医裁判を有罪にしてはいけないのか

2019.01.11

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

9日、「乳腺外科医裁判」というワードが、突然twitterのトレンド入りをした。
きっかけは一人のMDによる次のようなツイートだ。

ネット上では、さまざまな議論が交わされ、外科医をめぐる裁判の行方を心配する声は、今なお高まりを見せている。

乳腺外科医裁判とは、東京都足立区にある柳原病院で、医師が女性患者に対し、わいせつな行為をしたとして逮捕・起訴された事件をめぐる裁判である。
1月8日に開かれた第13回公判では、検察側は懲役3年を求刑したが、弁護側は無罪を主張。両者の意見は真っ向から対立している。
しかしネット上では、男性医師を擁護する声が多く上がっているのだ。

その日何が起きたのか

事件は2016年5月、同院で乳腺を摘出する手術を受けた女性患者が執刀医師から、術後にわいせつな行為をされた、として警視庁へ訴えたことから始まった。
調べによると、術後、女性は4人部屋の中にあるカーテンで仕切られたベッドの上で、医師から「乳房をもまれたり、しゃぶられたりした」と主張。警察が到着するまで、誰にも胸を触らせず、警察官がガーゼで女性の胸を拭きとったという。

不透明な証拠と術後せん妄

今回ネット上で、医師を擁護する声が上がっている原因は、検察側が提出した証拠の不透明性にある。
検察は女性の胸を拭きとったガーゼを証拠として提出し、そこから医師のDNAが検出されたと主張している。しかし、医師は術後の女性に対して、触診や口頭説明を行っていたため、直接ないしは飛沫によって唾液のDNAが付着した可能性は十分考えられる。
さらには、女性の体を拭いたガーゼからとったDNAであるのに、検出されたのは医師1人分だけというのも、にわかには信じがたい。つまりその証拠能力には大きな疑問点が存在するのだ。
さらにネット上では、証拠としてあげられたDNA鑑定試料が、すでに廃棄されており、最低限の科学性を備えていないのではないか、との指摘も上がっている。
また、裁判では術後せん妄も争点の一つとなっており、女性は術後の意識障害が出ていたのではないかとの見方が挙げられている。

現場の医師を心配するネットの声

この事件を受けてネット上では、医療現場で働く医師の今後を危惧する声や、警察の捜査能力に疑問を呈する意見も上がっている。

もし本件が有罪となれば、美容外科や婦人科の医師にとっては他人ごとではないだろう。証拠不十分の中、有罪になるという前例を作ってしまえば、医師としては「明日は我が身」である。
これを受けて、全国の医師は診察方法を見直さなければならないのであろうか。

事件の判決は2月20日に言い渡される予定である。

自費研カタログ関連商品

自費研カタログ関連商品はありません

この商品の関連記事

関連記事はありません

セミナー・イベント

一覧

カタログ

一覧

求人

一覧

無料資料ダウンロード
コンサルティング
自費研M&A
自費研オンライン顧問s

自費研メンバーで(無料)登録

メンバーズ特典
記事の無料購読とクリップ
セミナーが無料又は優待価格
自費診療カタログの一括資料請求

Facebookで新規登録 Facebookで新規登録

※一時的にFacebookでの登録ができなくなっております。お手数をおかけし恐縮でございますが、メールアドレスとパスワードでの登録をお願いいたします。

メールアドレスで登録

メールが届かない場合について

パスワードをお忘れの方

メールアドレス

ご登録したメールアドレスを入力ください。パスワードを再設定するためのURLをお送りいたします。

パスワードをお忘れの方

パスワードを再設定するためのURLをお送りしました。24時間以内にパスワードの再設定を行って下さい。

Clipを上書きしてもよろしいですか?

すでにPickしたことがあるニュースです。
再度Pickするとコメントが上書きされます。

Clipを削除してもよろしいですか?

Clipを削除すると元に戻すことは出来ません。