自費研フェス
自費研フェス
  • ホーム
  • 経営
  • 【特集Vol.6】 エンジニアと経営の目線で行うプロダクト開発とDX支援 ~株式会社Wrusty~ 
【特集Vol.6】 エンジニアと経営の目線で行うプロダクト開発とDX支援 ~株式会社Wrusty~ 

【特集Vol.6】 エンジニアと経営の目線で行うプロダクト開発とDX支援 ~株式会社Wrusty~ 

2022.09.16

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2022年3月に医療業界初の開発不要なノーコードアプリ「Medical Base」をリリースした株式会社Wrusty。機能をカスタマイズするだけでクリニックのオリジナルアプリを作ることが可能です。プロダクトを開発した代表取締役CEOの上田遼氏は、脳波解析の研究やAIロボット開発などをしてきたというエンジニア。起業の経緯やアプリならではの特徴について話を伺いました。

アプリに製品名のクレジットが出ないのは、クリニック様のブランドイメージを大切にしたいから

上遠野弘昭(以下、上遠野)
まずは上田さんのバックグラウンドと、「Medical Base」を開発したきっかけを教えてください。

上田遼氏(以下、上田)
私はずっとエンジニアをしてきました。両親がエンジニアだったこともあり、小学校低学年の頃からおもちゃがパソコンという感じでした。大学で物理学を専攻した後スタンフォード大学研究室で脳波解析を学び、その後アメリカのスタートアップで創業メンバーとして会社を立ち上げAIロボット開発をしたり、別のスタートアップでメタバースを開発したりしていたのですが、新型コロナがきっかけで日本に戻ってきました。

私はエンジニアとしてスタートアップなどで泥臭く活動を続けてきたので、基本的にどんなプロダクトでも作れます。ですから、「こういうサービスを作ってほしい」と知り合いに相談されることがよくあります。スタンフォード大学で医療と出会い先進医療に貢献したいと考えていたので、お断りさせていただくことも多かったのですが、タイミングよく自費診療を行う医師の知り合いや企業さんからサービスを作りたいという話をいただきました。それがきっかけで、「Medical Base」の開発につながったという感じですね。

上遠野
美容医療にフォーカスしているわけではないということですか。

自費研Onlineはメンバーズ登録無料

この記事は自費研メンバーズ限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

自費研の最新情報をSNSでお知らせ

自費研カタログ関連商品

自費研カタログ関連商品はありません

この商品の関連記事

関連記事はありません

自費研の最新情報をSNSでお知らせ
自費研アプリで読む

セミナー・イベント

一覧

カタログ

一覧

スペシャルコンテンツ

一覧

求人

一覧

自費研VIDEO

一覧

無料資料ダウンロード
自費研オンライン顧問s
特別な医師と新しい治療法が見つかる医療情報サイト

自費研メンバーズ(無料)登録

メールアドレスで登録
※パスワードは8文字以上20文字以内で入力してください。
使用できる文字は半角英数字と記号 ! $ % & * + - / = _ ` { | } . # @です。

メールが届かない場合について

Facebookで新規登録 Facebookで新規登録

Facebook登録、ログインができない方はこちらをご覧ください

メンバーズ特典
記事の無料購読とクリップ
セミナーが無料又は優待価格
自費診療カタログの一括資料請求

パスワードをお忘れの方

メールアドレス

ご登録したメールアドレスを入力ください。パスワードを再設定するためのURLをお送りいたします。

パスワードをお忘れの方

パスワードを再設定するためのURLをお送りしました。24時間以内にパスワードの再設定を行って下さい。

Clipを上書きしてもよろしいですか?

すでにPickしたことがあるニュースです。
再度Pickするとコメントが上書きされます。

Clipを削除してもよろしいですか?

Clipを削除すると元に戻すことは出来ません。