• ホーム
  • 経営
  • 自費診療のススメ『美容医療への医師の転科・就活事情』

1

自費診療のススメ『美容医療への医師の転科・就活事情』

自費診療のススメ『美容医療への医師の転科・就活事情』

2021.05.03

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前回より続きで、自費診療・美容医療の採用関連の記事です。医師を採用したい医療機関の皆様、自費診療業界に転職・就職したい医師の皆様に業界内での採用の動きについてお伝えします。

田中 裕太
エスエス・キャリア 

2000年から美容医療の集患マーケティング、美容外科・美容皮膚科の開業コンサルティング、自費診療の導入などの医療機関の経営課題解決を担当。2021年4月より自費診療特化型人材紹介エージェント 株式会社エスエス・キャリア取締役副社長に就任
寄稿:Non-Surgical美容医療超実践講座「経営についての一般論・国内美容医療の状況」(2017年7月)

Facebookをみる

転科・就職したい医師の転職スケジュール

どの業界でもそうですが、自費診療・美容医療の業界でも転職・採用に関する年間の流れが近年できつつあります。

求人側・求職側の転職・採用スケジュール

一般的な業界と一緒で、医療業界でも4月に新たな職場で働き始めるケースがほとんどです。その他のタイミングでの転職の場合には、採用したいクリニック側の人員計画と、求職側のニーズがマッチした場合に成立します。

4月に新たな医療機関に入職する場合ですが、最近だと大手美容クリニックは、6月頃には翌年4月採用の合否の結果がでています。これまではそれほど明確に採用の合否通知のタイミングが定まっていたわけではないですが、近年はよりよい人材を採用するために大手美容クリニックでは、合同説明会の開催~クリニック見学によるカジュアル面談、書類選考、本面接~内定までの時期をかなり早め、かつ一括化・仕組化して選考を進めています。

前回記事にも記述の通り、一昔前とは違い、自費診療・美容医療への転職希望者は急増しています。そのため美容医療に転科・就職したい場合には、業界の流れを理解したうえで転職・就職活動を進めなければ希望の医療機関からの内定を獲得できません。

逆に医療機関の方は、現在の人の流れを考慮した採用計画を立てないと、採用が思うように進まない可能性もあります。

様々な転職・採用事情

自費研Onlineはメンバーズ登録無料

この記事は自費研メンバーズ限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

自費研の最新情報をSNSでお知らせ

自費研カタログ関連商品

自費研カタログ関連商品はありません

自費研の最新情報をSNSでお知らせ
自費研アプリで読む

セミナー・イベント

一覧

カタログ

一覧

求人

一覧

自費研VIDEO

一覧

無料資料ダウンロード
コンサルティング
自費研オンライン顧問s
IVC for Cancer Program公式 心とからだにやさしいがん治療・予防プログラム
特別な医師と新しい治療法が見つかる医療情報サイト

自費研メンバーズ(無料)登録

メールアドレスで登録

メールが届かない場合について

Facebookで新規登録 Facebookで新規登録

Facebook登録、ログインができない方はこちらをご覧ください

メンバーズ特典
記事の無料購読とクリップ
セミナーが無料又は優待価格
自費診療カタログの一括資料請求

パスワードをお忘れの方

メールアドレス

ご登録したメールアドレスを入力ください。パスワードを再設定するためのURLをお送りいたします。

パスワードをお忘れの方

パスワードを再設定するためのURLをお送りしました。24時間以内にパスワードの再設定を行って下さい。

Clipを上書きしてもよろしいですか?

すでにPickしたことがあるニュースです。
再度Pickするとコメントが上書きされます。

Clipを削除してもよろしいですか?

Clipを削除すると元に戻すことは出来ません。