• ホーム
  • 経営
  • 【クリニック人材採用マニュアル①】もう失敗しない!採用活動に必要な業界基礎知識
【クリニック人材採用マニュアル①】もう失敗しない!採用活動に必要な業界基礎知識

【クリニック人材採用マニュアル①】もう失敗しない!採用活動に必要な業界基礎知識

2020.08.13

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

何事も最初が肝心です。無計画に求人広告をだしたり、紹介会社に依頼をしていては、思っていたような人材に出会うことはむずかしいでしょう。まずは業界の状況を把握して、計画的な採用活動に活かしましょう。

手段は二の次! まず、準備すべきこと

欧米と比較し、医療従事者の人手不足が長らく叫ばれている日本。

厚生労働省発表の衛生行政報告例によると、平成30年度末の看護師の数は、121万8,606人、歯科衛生士の数は13万2,629人。平成28年と比べると、それぞれ6万9,209人(6.0%)、8,798人(7.1%)増加しており、労働力が減少しているわけではないのです。就労数が右肩上がりなのに、人員が足りないとは一体どういうことなのでしょうか。

常態化する人員不足は、少子高齢化社会の到来により急増する医療ニーズの高まりや、低いとは言えない離職率が大きな要因であると考えられます。慢性的な人員不足は個々の業務負担を大きくし、その負担が離職原因につながる、といった悪循環が起きてしまうのです。

こうした雇用環境の中で、看護師・衛生士は「より良い職場」を求めて「能動的に転職」を行っています。医業経営において良い人材獲得のためには、「一般職よりも確保が困難な人材を集めなければならない」つまり、「雇用する側の努力がより求められる」という前提をまず理解すべきです。「良い環境を求めている人材」に「ここに転職したい」と思わせる仕事を用意して初めて採用計画はスタートすると考えましょう。

給与だけじゃない!医療従事者が職場に求めることを理解する

思うように人が集まらなかったとき、つい「給与水準をもっと高くしなければならないのか…」と思いがちです。しかし、求職者が求めているものは決して高給与のみではありません。
「人材が辞めない環境」を整備しておかなければ、せっかく入職しても早期に離職してしまうおそれがあります。
どうして看護師・歯科衛生士が退職してしまうのか。データを見ていきましょう。

自費研Onlineはメンバーズ登録無料

この記事は自費研メンバーズ限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

自費研の最新情報をSNSでお知らせ

自費研カタログ関連商品

自費研カタログ関連商品はありません

自費研の最新情報をSNSでお知らせ
自費研アプリで読む

セミナー・イベント

一覧

カタログ

一覧

求人

一覧

自費研VIDEO

一覧

無料資料ダウンロード
コンサルティング
自費研オンライン顧問s
IVC for Cancer Program公式 心とからだにやさしいがん治療・予防プログラム

自費研メンバーズ(無料)登録

メールアドレスで登録

メールが届かない場合について

Facebookで新規登録 Facebookで新規登録

Facebook登録、ログインができない方はこちらをご覧ください

メンバーズ特典
記事の無料購読とクリップ
セミナーが無料又は優待価格
自費診療カタログの一括資料請求

パスワードをお忘れの方

メールアドレス

ご登録したメールアドレスを入力ください。パスワードを再設定するためのURLをお送りいたします。

パスワードをお忘れの方

パスワードを再設定するためのURLをお送りしました。24時間以内にパスワードの再設定を行って下さい。

Clipを上書きしてもよろしいですか?

すでにPickしたことがあるニュースです。
再度Pickするとコメントが上書きされます。

Clipを削除してもよろしいですか?

Clipを削除すると元に戻すことは出来ません。