• ホーム
  • 経営
  • 集患のカギはブランディング!Instagramを活用したインフルエンサーマーケティングとは?

2

集患のカギはブランディング!Instagramを活用したインフルエンサーマーケティングとは?

集患のカギはブランディング!Instagramを活用したインフルエンサーマーケティングとは?

2020.06.05

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

消費者は日々、どこで情報を集めているのでしょうか?ひと昔前は、新聞やテレビ、インターネットがその役割を担っていました。しかしここ数年、若者を中心に情報の伝達はSNSを通して行われるようになりつつあります。時代の流れに合わせて、SNSへと軸足を移す広告業界。もはやクリニック広告を効果的に出すためには、SNSの活用が必須の時代となったのです。
Instagramを活用したインフルエンサーマーケティングを専門とするソーシャルワイヤー株式会社。デジタルPR部の森健二郎氏と井上裕香氏に、インフルエンサーマーケティングのいろはを教えていただきました。

ブランディングに最適な、Instagramを活用したインフルエンサーマーケティング

———クリニック広告はどのSNSと相性が良いでしょうか?
井上氏:
SNSはメディアによってそれぞれ特徴が違うため、得意とする分野が異なります。
ビジネスマンが名刺代わりに使用しているSNSがFacebookです。Facebookは、友達登録が5,000人までしかできないため、拡散に限界があります。運用型広告やイベント集客をしたい方に向いているSNSといえるでしょう。
Twitterはリツイート機能による拡散力を最大の売りとしており、新規顧客の獲得やキャンペーンを目的として使用されます。
そして今最も注目されているSNS であるInstagram。動画や写真を使って、「世界観」を演出できるInstagramは、主にブランディングを目的として使われます。ファッションや旅行、そして美容との相性は抜群です。

そのため、クリニックがSNSで広告を出そうと思ったときに、最も相性が良いのがInstagramだといえるでしょう。
クリニックが出す広告では、イベントの集客や物販をメインの目的とはしていません。あくまでもそのクリニックの認知度を上げたり、「行きたい!」と思わせたりすることが重要となってきます。Instagramは他のSNSと異なり、「認知獲得」を目指すメディアであるため、クリニック広告との親和性は最も高いと言えるでしょう。

———インフルエンサーマーケティングとはどのようなものでしょうか?
井上氏:
SNS広告を仕掛けるうえで重要となるのが、“インフルエンサーマーケティング”です。

自費研Onlineはメンバーズ登録無料

この記事は自費研メンバーズ限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

自費研の最新情報をSNSでお知らせ

自費研カタログ関連商品

自費研カタログ関連商品はありません

自費研の最新情報をSNSでお知らせ
自費研アプリで読む

セミナー・イベント

一覧

カタログ

一覧

求人

一覧

自費研VIDEO

一覧

無料資料ダウンロード
コンサルティング
自費研オンライン顧問s
IVC for Cancer Program公式 心とからだにやさしいがん治療・予防プログラム

自費研メンバーズ(無料)登録

メールアドレスで登録

メールが届かない場合について

Facebookで新規登録 Facebookで新規登録

Facebook登録、ログインができない方はこちらをご覧ください

メンバーズ特典
記事の無料購読とクリップ
セミナーが無料又は優待価格
自費診療カタログの一括資料請求

パスワードをお忘れの方

メールアドレス

ご登録したメールアドレスを入力ください。パスワードを再設定するためのURLをお送りいたします。

パスワードをお忘れの方

パスワードを再設定するためのURLをお送りしました。24時間以内にパスワードの再設定を行って下さい。

Clipを上書きしてもよろしいですか?

すでにPickしたことがあるニュースです。
再度Pickするとコメントが上書きされます。

Clipを削除してもよろしいですか?

Clipを削除すると元に戻すことは出来ません。