• ホーム
  • 経営
  • 開業準備③-自由診療を導入した開業資金(1)[自費経営ノウハウ]
開業準備③-自由診療を導入した開業資金(1)[自費経営ノウハウ]

開業準備③-自由診療を導入した開業資金(1)[自費経営ノウハウ]

2017.11.07

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クリニックの開業までの大まかな手順と、ポイントを解説します。
特に自費診療ならではのポイントもありますので、開業検討中のドクターは、ご参考にしてください。

開業資金

医院を開業するためには、当然ながら資金の調達を避けては通れません。綿密な資金計画を作成して見積もりますが、開業資金は資金の用途によって「設備資金」と「運転資金」の大きく2つに分けられます。
また、自由診療を導入して開業される場合には、「設備資金」「運転資金」ともに、保険診療よりも高額になるケースがありますので、計画段階で注意が必要です。

「設備資金」と「運転資金」

「設備資金」は、開業までに必要な予算です。建物、内装や医療機器などのいわゆる初期投資に当たるものです。用途が明らかで把握がしやすく、建物や医療機器は長期に渡って使用するものですから、一般的に「設備資金」の返済期間は長く設定されています。

自費研カタログ関連商品

自費研カタログ関連商品はありません

この商品の関連記事

関連記事はありません

セミナー・イベント

一覧

カタログ

一覧

求人

一覧

無料資料ダウンロード
コンサルティング
自費研M&A
自費研オンライン顧問s

自費研メンバーで(無料)登録

メンバーズ特典
記事の無料購読とクリップ
セミナーが無料又は優待価格
自費診療カタログの一括資料請求

Facebookで新規登録 Facebookで新規登録

Facebook登録、ログインができない方はこちらをご覧ください

メールアドレスで登録

メールが届かない場合について

パスワードをお忘れの方

メールアドレス

ご登録したメールアドレスを入力ください。パスワードを再設定するためのURLをお送りいたします。

パスワードをお忘れの方

パスワードを再設定するためのURLをお送りしました。24時間以内にパスワードの再設定を行って下さい。

Clipを上書きしてもよろしいですか?

すでにPickしたことがあるニュースです。
再度Pickするとコメントが上書きされます。

Clipを削除してもよろしいですか?

Clipを削除すると元に戻すことは出来ません。