• ホーム
  • 経営
  • 【開業医のコロナ対策 医師・宮田成章先生】コロナ禍に考える 美容医療は“不要不急”なのか?

7

【開業医のコロナ対策 医師・宮田成章先生】コロナ禍に考える 美容医療は“不要不急”なのか?

【開業医のコロナ対策 医師・宮田成章先生】コロナ禍に考える 美容医療は“不要不急”なのか?

2020.05.19

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新型コロナウイルスの感染者減少を受けて、東京や大阪などを除く39の県で緊急事態宣言が解除されました。都内でも、感染者が減りつつあることを喜ぶ一方で、流行の第二波、第三波が来ることも懸念されています。新型コロナウイルスとの闘いが中長期化することも予想される中、クリニックはどのようにコロナと向き合えばよいのでしょうか。
都内で開業されている『みやた形成外科・皮ふクリニック』院長の宮田成章先生に、コロナ禍での美容医療の在り方について、お話を伺いました。

「美容クリニックに患者が殺到」は間違い

———新型コロナウイルスによってどのような影響がありましたか?
まず大きかったのは、患者数の減少です。緊急事態宣言以前と比べて、患者様の数が減りました。一部、数年ぶりに来院される方や、在宅ワーク中に施術を受けたいという方もいらっしゃいます。しかし、そういった方はごくわずかで、外出を控える方のほうが圧倒的に多いです。私の知人のクリニックでも、患者数の減少に悩んでいると聞いています。
メディアで言われるように、美容クリニックに患者が殺到しているということは全くありません。「外出自粛がダウンタイムに利用できるため、美容外科クリニックは大繁盛」というのはミスリードです。

また、マスクやグローブなどの備品は、どこのクリニックでも不足状況にあります。当院では、コロナ禍の前から発注をかけていたので、在庫が切れてしまうということはないものの、ぎりぎりの状態を維持しています。

それから心配なのが医療機器の故障です。レーザー機器などは海外製のものが多いため、万が一故障でもしてしまうと、修理に時間がかかってしまう可能性もあります。そうなれば、治療が提供できなくなってしまうかもしれませんので、機器の取り扱いにはいつも以上に注意しています。

命を守るのは、基礎的なことの積み重ね

———クリニックではどのような新型コロナウイルス対策をとっていますか?

自費研Onlineはメンバーズ登録無料

この記事は自費研メンバーズ限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

自費研の最新情報をSNSでお知らせ

自費研カタログ関連商品

自費研カタログ関連商品はありません

自費研の最新情報をSNSでお知らせ
自費研アプリで読む

セミナー・イベント

一覧

カタログ

一覧

求人

一覧

自費研VIDEO

一覧

無料資料ダウンロード
コンサルティング
自費研オンライン顧問s

自費研メンバーズ(無料)登録

メールアドレスで登録

メールが届かない場合について

Facebookで新規登録 Facebookで新規登録

Facebook登録、ログインができない方はこちらをご覧ください

メンバーズ特典
記事の無料購読とクリップ
セミナーが無料又は優待価格
自費診療カタログの一括資料請求

パスワードをお忘れの方

メールアドレス

ご登録したメールアドレスを入力ください。パスワードを再設定するためのURLをお送りいたします。

パスワードをお忘れの方

パスワードを再設定するためのURLをお送りしました。24時間以内にパスワードの再設定を行って下さい。

Clipを上書きしてもよろしいですか?

すでにPickしたことがあるニュースです。
再度Pickするとコメントが上書きされます。

Clipを削除してもよろしいですか?

Clipを削除すると元に戻すことは出来ません。