• ホーム
  • 経営
  • 【コロナにまつわるお金の話】コロナが疑われるスタッフに対する『傷病手当金』
【コロナにまつわるお金の話】コロナが疑われるスタッフに対する『傷病手当金』

【コロナにまつわるお金の話】コロナが疑われるスタッフに対する『傷病手当金』

2020.04.24

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スタッフが体調不良により病欠を申し出た場合、現在の厚労省のガイドラインによると以下に当てはまる方は「帰国者・接触者相談センター」または「所轄の保健所」への相談が必要とされています。

・ 風邪の症状や37.5度以上の発熱が4日以上続く場合(解熱剤を飲み続けなければならないときを含みます)
・ 強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある場合

それにともなってPCR検査に進んだ場合、PCR検査の対象ではないが大事をとって自宅療養する場合、などスタッフの休みが長期化してしまいます。また、給与にも影響が出るため、生活費を工面するために無理して出勤してしまうケースも後を絶ちません。

このときに利用できる制度が、「傷病手当金」です。

自費研Onlineはメンバーズ登録無料

この記事は自費研メンバーズ限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

自費研の最新情報をSNSでお知らせ

自費研カタログ関連商品

自費研カタログ関連商品はありません

自費研の最新情報をSNSでお知らせ
自費研アプリで読む

セミナー・イベント

一覧

カタログ

一覧

求人

一覧

無料資料ダウンロード
コンサルティング
自費研オンライン顧問s

自費研メンバーズ(無料)登録

メールアドレスで登録

メールが届かない場合について

Facebookで新規登録 Facebookで新規登録

Facebook登録、ログインができない方はこちらをご覧ください

メンバーズ特典
記事の無料購読とクリップ
セミナーが無料又は優待価格
自費診療カタログの一括資料請求

パスワードをお忘れの方

メールアドレス

ご登録したメールアドレスを入力ください。パスワードを再設定するためのURLをお送りいたします。

パスワードをお忘れの方

パスワードを再設定するためのURLをお送りしました。24時間以内にパスワードの再設定を行って下さい。

Clipを上書きしてもよろしいですか?

すでにPickしたことがあるニュースです。
再度Pickするとコメントが上書きされます。

Clipを削除してもよろしいですか?

Clipを削除すると元に戻すことは出来ません。